【空港探検】北朝鮮・平壌国際空港にラウンジはあるか?!

お友達にも教えてあげてください!

平壌空港にスターアライアンスラウンジはある!?

常識人の方には想像もつかないと思うのですが、空港のビジネスクラスラウンジやファーストクラスラウンジを巡る、ラウンジ巡礼というおかしな趣味があります。

平壌国際空港

何を隠そう小生もその一人で、今回の北朝鮮訪問では「平壌空港にラウンジはあるか」「それはスターアライアンスラウンジか」「あとチェックインカウンターでスターアライアンス特典が受けられるか」を調べてこようとワクワクしていました。そのレポートですw

平壌まではスターアライアンスがつながっている

ラウンジ話の前に、少しだけ脱線させてください。あまり知られていないと思うのですが、北朝鮮には高麗航空のほか、中国のフラッグキャリアである中国国際航空が就航しています。




これは日本のANAと同じスターアライアンスの加盟航空会社なので、ゴールドメンバー以上のステータスがあるか、ビジネスクラス利用なら、北京-平壌線では優先チェックインや優先手荷物受け取りなどのサービスを受けることができます。

北京国際空港

実際に試してみたところ、北京空港のチェックインカウンターは我々以外に誰も並んでいないので優先にしてもらう意味なし、プライオリティのバケージタグはちゃんと付けて貰える、ただし平壌空港では全員分の荷物が速攻でターンテーブルに出てくるのでこれまた無意味、という結末でした。なお当然といえば当然なのですが、マイルはしっかりANAの口座に加算されていました!

pek-fnj

ただし残念なことに、帰路の平壌-北京は記録されていません。ANAのWebから事後加算しようと思ったのですが、出発空港でFNJ(平壌)が選べず、ここで詰んでしまいました。お手間でなければ何とかなりませんか、とANAさんにお願いしています。

いよいよお楽しみ、平壌国際空港のラウンジ!

というわけで、いよいよ平壌国際空港のラウンジに出発しましょう。

平壌国際空港のチェックインカウンター

平壌国際空港のチェックインカウンターは全て高麗航空に委託されているらしく、スターアライアンスのロゴ表示はなし。優先チェックインなどのスターアライアンス特典は受けられませんでした。とはいえ例によって客が全然いませんので、特に必要もないのですが…(手荷物要領の上限は交渉できるかもしれません)。

制限エリア内

フレンドリーな税関と出国審査(ほとんどフリーパスでした)を抜けて、北朝鮮とは思えないくらい清潔な制限エリアへ。奥の方に「ビジネスクラスラウンジ」という案内板が出ているので、ワクワクしながら近寄ってみると…!

ラウンジ閉まっとるがな!!!

なんと残念なことに、ラウンジはあるのですが閉まっていました。ラウンジの利用条件を調べたいと思ったのですが、スターアライアンスやプライオリティパスのロゴ表示などがないため、確実に入れるのはビジネスクラス利用者以上でしょう。もしかすると、高麗航空便が出る時だけ開いているのかも知れません…無念。

ラウンジ閉まっとる

世界初公開!?北朝鮮・平壌空港のビジネスクラスラウンジ

しかし収穫なしではラウンジ巡礼者として納得がいきません。というわけで、ガラス越しにラウンジ内部の写真を撮ってきましたのでご紹介します!

平壌空港のビジネスクラスラウンジ

なんというか、さびれていて、雑然としていて、イスがラウンジの片隅に集められていて、これはどうも常時閉鎖されているような雰囲気ですね…。

平壌空港のビジネスクラスラウンジ お食事

お食事用カウンターには、うっすらと電灯がつけられていました。いまいち使用感がないながらも、スープや軽食をサーブする設備はあるので、そこそこの食事は出来るようです。いつ開いているのか解らないのが難点ですが…。

というわけで、北朝鮮・平壌空港(FNJ)のラウンジ巡りでした!

俺の北朝鮮 2016訪朝シリーズ

  1. 北朝鮮への行き方は案外簡単。初心者向け旅行ガイド!
  2. 北朝鮮・平壌国際空港(FNJ/順安空港)を探検する!
  3. 北朝鮮・平壌国際空港の免税店でタブレットを買おう!
  4. 北朝鮮・平壌国際空港にラウンジはあるか?!
  5. 北朝鮮の地下鉄駅アナウンスは本当にタモリさんがやってるような絶叫型なのか?

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。