【実写レビュー】Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR (NEW)

お友達にも教えてあげてください!

ニコンファン期待の星、AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR (NEW)をヤマダで早速フライングゲットしてきました。
お値段は驚き、なんとポイント換算で4万円台後半でした。これでクオリティが高ければバカ売れ間違いないと思うのですが…!

というわけで、早速レビューしていきます。

ボディは「高解像度すぎて安物ズームは分不相応では?」と言われているD800です。
夜に届きましたので、写っている風景はもちろん夜景だけです。
なお数字がどうたら、明るい場所でタイルを写してどうたら等、細かいテストはプロの方の報告をご参照下さい。あくまでアマチュアによるアマチュア向けの使用感レポートです。

そして、例によって全て撮って出しJPEGです。画質優先、サイズはL、FINE。ボディ側の「自動ゆがみ補正」はONにしていますが、このレンズをつけた際は自動ゆがみ補正のメニュー自体がグレーアウトします。これは本体のファームウェアを更新することで有効化されます。

まず操作感ですが、

  • 質感は悪くありません。
  • ズームリングはあまりスムーズではありません。途中でひっかかるような感じが。
  • VRはタムロンのようにピタッと止まる感じではなく、モヨモヨっと動いてヌメッと止まる感じ。
  • フォーカスリングは粘りはないものの操作感は悪くナシ。ただしもの凄い細いうえに場所が手前すぎて、使いにくい。
  • AFはまあまあ静か。少しカタッという音がする程度。
  • 動画は試していません。

といったところ。では撮影してみましょう。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 24mm 1/10 F4.5 (Adobe RGB)

まずはこちら、ワイド端の写真。ギリギリ止まっていると思うのですが、開放で絵が甘いか、ピン位置が少しズレているか、微ブレしているような気がします。D800だからかもしれません。D700とかD3200あたりならウルトラシャープに写っていたかも。
写真の水平自体が甘くて申し訳ないのですが、中央の配管や柵を見ていても、そこまで歪曲か大きいという感じは受けません。本体側で補正すれば、特に気にならないレベルになるのではないでしょうか。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 24mm 1/10 F4.5 (Adobe RGB)

こちらもワイド端。1/8でも止まっているようには見えます。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 85mm 1/8 F4.5 (Adobe RGB)

こちらはテレ端。いまひとつ?
でも開放で1/10ですし、やや甘くらいで許せる出来ではないでしょうか。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 65mm 1/15 F4.5 (Adobe RGB)

周辺部はやや甘いのですが、大騒ぎするほどという気はしません。1/15でもなんとか止まっているように見えますね。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 85mm 1/20 F4.5 (Adobe RGB)

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 24mm 1/8 F4.5 (Adobe RGB)

ボーダーのおっちゃんにピンをとっています。周辺部の流れの参考にどうぞ。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 85mm 1/15 F4.5 (Adobe RGB)

テレ端で撮ったつもりなのですがEXIFには75と記録されていました。やや歪曲が目立つようです。ボディ側の「自動ゆがみ補正」はONにしていますが、このレンズをつけた際は自動ゆがみ補正のメニュー自体がグレーアウトします。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 24mm 1/13F5.6 (Adobe RGB)

ワイド端でF5.6まで絞ってみました。奥のパチンコ屋のパチスロのジャックポット額や、駅の中のモニタの遅延案内の文字まで読めます。
ウルトラシャープではありませんが特に文句はありません。

ということで、まとめ!

■AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR 実写しての感想。

  • 24-85mmまで、中央部は開放からシャープ。
  • とはいえシャープさはマクロレンズほどではない。一昔前の単焦点よりは好印象。
  • どの画角でも周辺部はやや流れるが大騒ぎするほどではない。
  • 正直、ワイド端では歪曲はそこまで気にならなかった。
  • テレ端ではやや気になる。本体補正やソフト補正で容易に直せるか要チェック。
  • 手ぶれ補正は(他機種よりブレまくるため、SSは焦点距離*1.5か*2.0くらい欲しい)D800基準で2段-2.5段くらいと感じた。
  • D700や、これから出るというD600のベストパートナーになるのでは。
  • 結論として、D800ユーザーも買って良いレンズ。

以下、実写作例おまけ。

Nikon D800 + AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR
手持ち VRオン ISO400 24mm 1/10 F4.5 (Adobe RGB)

やっぱD800難しい…

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。

コメント

  1. […] (NEW)のテストです。 撮影条件については前回の記事をご参照ください。 […]

  2. たま より:

    新しいレンズですのでゆがみ補正データがないのだと思います。
    下のURLからダウンロードしてカメラに補正データを取り込めば自動ゆがみ補正が可能になるのではないでしょうか。
    http://www.nikonimglib.com/dcdata/index.html.ja#os-windows

    私は持っていませんので想像ですが…。D800欲しいですね。

  3. araichuu より:

    コメントありがとうございます。さっそくアップデートします!