携帯・ガジェット 海外旅行全般

iPad miniは最強の海外旅行用端末になるか?

というわけで、目出度くiPad miniが発表されました。

目新しくはない&Nexus 7をもう買ってしまったので小生的には「ふーん」なのですが、これ、いきなり3G版も用意されるんですね。
expansysで対応周波数表を発見したので見てみると、3G部分は850 900 1900 2100に幅広く対応、そして表の書き方的にはW-CDMAとCDMA2000のデュアル構成になっているご様子で、ガチなら世界中の大体のキャリアで使える仕様です。これは、香港あたりでシムフリ版を買ってくれば、かなり素晴らしい海外旅行のお供になると思います。

Network 3G 850/900/1900/2100 MHz
(Cellular Models Only) CDMA 800/1900/2100
GSM 850/900/1800/1900 MHz
4G LTE Bands 1, 3, 5, 13, 25

 

おそらく通常のセルラー通話はできないと思いますが…

これは何の根拠もありませんが、たぶん普通の携帯電話としては使えないと思います。
が、多くの日本人は「データ通信をオフにして、Wifiだけにした日本の携帯」+「データ通信とテザリングができる海外での端末」という構成で運用するでしょうから、海外でのシムフリ端末では、電話をかけたり受けたりする必要はないでしょう。
そして「日本で海外スマホを持っていてもまず意味がないのですが、タブレットなら使い道は大きい」と思います。この点も優位性があります。
まあ、小生は海外の友人と海外の番号で電話したりしてるので、やっぱりタブレットじゃなしに、スマホにSIMをブチこまんとならんのですが。

とりあえず、香港行ったときに安かったら仕入れてこようと思います。
でもなんか、あんまり売れる気がしませんね、これ…w

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-携帯・ガジェット, 海外旅行全般