グルメ 海外・廃墟・おかしな旅

豊水すすきの駅の社員食堂で朝食をいただく

豊水すすきの駅に社員食堂がある!?

普通の旅行者が行くことはまず絶対にないと思うのですが、豊水すすきの駅のなかに一般利用OKの社員食堂があるのでご紹介します。

豊水すすきの駅

場所は豊水すすきの駅の6番出口を出たところ。この駅が入っているビルはまるこど札幌市交通局のもので、その2階が社員食堂というわけです。

この食堂は乗務員さんたちが利用するところなので、なんと朝の7時半からやっています。すすきのに泊まると朝食は二条市場に行きがちだと思いますが、ちょっと変わった場所で食べてみるのも楽しいですよ!

一般人は立入禁止とあるが…?

豊水すすきの駅の札幌市交通局ビル

さて、札幌市交通局ビルの玄関を入ると「札幌市交通局 運輸課 東豊線乗務係」とあり、左にいかにも施錠してありそうなドアがあります。そして一般の人は入らないでねという張り紙も…。

ところがこのドアは鍵がかかっておらず、一般の人でも2階の社員食堂までは行くことができるのです!

社員食堂のなかに入ってみるぞ

社員食堂の入口

社員食堂の入口はこんな感じ。入構証がいるわけでも、改札みたいなものがあるわけでもありません。普通にドアを開けて入ってみましょう。

メニューを兼ねた券売機

券売機

入り口の左側に券売機があります。机にはメニューがないので、これが事実上のメニューですね。

定食メニュー

そしてこの券売機の隣にA定食・B定食の週刊メニューが貼られています。

メニューの一部をご紹介!

メニューはそれほど多くありません。一部をご紹介します。

  • 日替わりA定食 520円
  • 日替わりB定食 520円
  • カツ丼 570円
  • 親子丼 500円
  • ラーメン(味噌、醤油、塩) 450円
  • カレー 420円
  • カツカレー 570円
  • 天ぷらうどん 420円

なんとも安いですね。大阪の立ち食いレベルの値段設定だと思います。

社員食堂の中はこんな感じ

社員食堂の写真

社員食堂のなかはこんな感じです。広々としていますが、不思議と寂しいという感じではなく、落ち着く場所ですね。

乗務員専用席

かなりの大人数が入る大きさですが、食堂の入口手前だけ乗務員さんの専用席となっています。

いざ実食!

さて注文しましょう。今回はA定食の普通盛りにしました。作り置きなのですぐ出るだろうと思いきや、食券を出してからおばちゃんが作り始めるので、着席してしばし待ちます。

A定食

出てきてのはこちら!おおおお、美味そうですね。

とろみをつけた肉野菜炒めに唐揚げ、たっぷりキャベツ、ポテサラ、ライスに味噌汁に漬物です。これで520円はお得だな〜!

お味もまさしく手作り、定食屋さんのおばちゃんがこさえてくれた優しいごはんです。すすきのの人は気軽にこれを食べられるわけで、なんとも羨ましいですね。

観光客はまず行かないと冒頭に書きましたが、地元民気分を味わう社員食堂の旅も、もしかしたら楽しいのでは?

札幌市交通局社員食堂へのアクセス

札幌市営地下鉄東豊線・豊水すすきの駅下車0分

〒064-0806 北海道札幌市中央区南6条西2丁目5

日曜定休・朝7時30分から15時30分まで(土曜は15時閉店)

011-552-6215

https://maps.app.goo.gl/wr3U427EWL85ti1J8

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-グルメ, 海外・廃墟・おかしな旅