グルメ 新宿・新大久保

さよなら新宿モンスナック…閉店直前にカツカレーを食べてきた。

新宿のモンスナックが閉店!

新宿・紀伊國屋書店の地下にあるモンスナックが閉店します。理由は建物の耐震化工事で、近くの店舗もまとめて退店となってしまったようです。というわけで、閉店前日に駆け込みでお別れのカツカレーをキメてきました!

新宿のモンスナックの行列

夕方ごろに現場到着。驚いたことに大行列になっています。まだネットで話題になっている程度だと思うのですが、みんなすごいなあ。

モンスナックは新宿区民の思い出の味

私もそうですが、モンスナックは新宿区民には結構思い出の味なのです。

紀伊国屋で本を買ったら、昼飯は地下でモンスナックかパスタ屋(現存していない小さいほう)へ…安くて美味しくてお腹いっぱい。そんな感じで青春の思い出があるんですね。

Amazonが普及する前はだいたい紀伊国屋で本を探していたので、私もけっこうな頻度で通っていました。

あと末広亭に出ている芸人さんがよく通っていて、三遊亭円丈師匠と隣の席になったことがあります。

モンスナックは創業昭和39年ということで、私と同様に思い出を持った人も多いらしく、かなり高齢のご夫婦が杖をつきながら並んでいました。

40分ほどで列の先頭に到着!

30分、いや40分弱ほどかかって列の先頭まで来ました。

同志のみなさんも色々と思い出があるようで、半数くらいの人は待ちながらお店の写真を撮りまくっていました。

モンスナックの入り口

このゴチャッとした店構えともこれでお別れです。

モンスナックのメニュー

これだけの行列なので、メニューも品切れが多発。私も並んでいる間に2つくらいバツマークがついていました。

看板メニューのカツカレーは最後の最後まで大丈夫だと思いますが、きょう(閉店当日)行く人は気をつけてくださいね。

最後のモンスナックに入店!

モンスナックの店内

入店。店内はクーラーが効いていますが、それでもすごい熱気です。最後は何にしようかな。

お金がない頃に通っていたので、いつもはポークもしくは卵カレーだったのですが…。

看板メニューのカツカレーを注文!

何を注文するか少しだけ迷ったのですが、最後なので看板メニューのカツカレーを大盛り・辛口で注文しました(1050円)。

モンスナックは揚げたてのカツを提供するので、少し時間がかかります。数分待ってどでかいカツカレーが到着!!!!

モンスナックの大きなカツカレー

きたあああああああああ!!!!

デカい!!!!

カツカレーのサイズがわかる画像

とはいえ、食べたことがある方はおわかりたど思うのですが、ルーがサラサラなのでこのサイズでも楽勝なんですよね。

ジューシーなカツを夢中でむさぼり、よく味のしみた豚肉を口に放り込み、ルーをゴクゴクのんで、あっという間に完食してしまいました。

ついつい若い頃のペースで食べてしまい、もうちょっと味わえばよかったかなと少し後悔したのですが、これでよかったような気もします。モンスナックに少し若返らせてもらったというか…。

入り口脇にある蛭子能収さんの色紙

テーブルでお会計を済ませ、蛭子能収さんの色紙にお別れをします。

蛭子能収さんの色紙

いつからあるんでしょうね、これ。ここの守護神だと勝手に思っています。

モンスナックが移転して再開店する!?

モンスナックの店長さんが「ビルの改装後に入れるようならまた入りたい」と再開への意欲を口にされていましたが、ここは立地が良すぎるので、家賃がどえらいことになるのではという気がします。

場所はここでも、少し離れていてもいいので、なんとか再開してほしいいですね。

再開したら今度は紀伊国屋関係なしに通って、新宿名物のこの味を支えたいなと思いました。

今までありがとうございました!

モンスナックへのアクセス

モンスナック
〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目17−7 紀ノ国屋ビル地下1階
紀伊國屋書店 新宿本店地下
03-3352-3052

※2021年7月15日で閉店となります。

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-グルメ, 新宿・新大久保