(BA)ビジネスクラス ブリティッシュエアウェイズ 飛行機の旅

ベルリン・テーゲル空港でブリティッシュエアウェイズのビジネスクラスラウンジを訪問

テーゲル空港のラウンジは予想外にしっかりしていた

今回の旅も終盤。ベルリン・テーゲル国際空港からヒースローに向かうという行程なので、ブリティッシュエアウェイズの国際線ビジネスクラスラウンジが使用できます。

ブリティッシュエアウェイズ

小さな空港なのでラウンジにはあまり期待してはいなかったのですが、なかなかどうしてしっかりした作りだったので、軽くレポートをば。

制限エリア外にあるので注意!!

テーゲルは制限エリアがとても小さいため、ラウンジは制限エリアの外にあります。

しかも手荷物検査台がチェックインカウンターのすぐ脇で(各カウンターごとに手荷物検査台があるという不思議な作りになっています)、何も知らないとついつい流れに従って中に入ってしまいそうになりますが、まだ入ってはいけません。カウンターで手続きしたらそのまま向かって左側に歩いてくださいね。

ラウンジは朝5時30分からの営業

ドイツはいろいろと効率的で緻密な国なのですが、公共交通に関しては不思議といい加減で、それなのに融通が効きません。鉄道のみならず飛行機でも、他の国のキャリアでも同じです。

テラスラウンジの営業時間

たとえば、テーゲルではブリティッシュエアウェイズのカウンターは朝5時から開いているのですが、ラウンジはなぜか5時30分より営業開始。朝イチでチェックインしたら、なんと30分待たなくてはなりません。なんのためのラウンジなのか…?!

中はきれいでフードもいろいろある!

どれだけお客さんが並んでいても、ラウンジはきっかり5時30分に開きます!

テーゲルのブリティッシュエアウェイズラウンジ

大きなカウンターにフードと少しのいす、あとは窓際にテーブルといったところ。椅子と机はかなり密度感のある詰め込み方なのですが、朝イチの便とあってか、ラウンジは空いていて快適でした。

ラウンジのフード

フードはパン、ハム、チーズといったところですが、このあたりはさすがに欧州。どれも日本で食べるそれより地味に美味しいですね。

ラウンジのヨーグルト

ラウンジのジャム

ホットミールはなかったのですが、パンとチーズがそれぞれ数種類、そしてなぜか豊富にジャムやバターがあり、朝食であればこれで十分だと思います。

ラウンジのハムとチーズ

フードは控えめだがお酒は種類豊富!

ラウンジのお酒

お酒もワインやウイスキー、スピリッツなど一通り揃っていましたが、早朝便ということもあって呑んでいる人はそんなにいませんでした。というか、フードに比べてお酒は種類豊富ですね!

ラウンジへの階段

というわけで小さなラウンジではあるのですが、以外にも楽しい滞在でした。テーゲル空港はなくなる、なくなると言われて全然無くならない不思議な空港ですが、また再度訪問してみたいと思います!

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-(BA)ビジネスクラス, ブリティッシュエアウェイズ, 飛行機の旅