海外・廃墟・おかしな旅 赤線地帯・遊郭・歓楽街

函館駅前にある廃墟化寸前の赤線街「函館セキセン」を歩く

函館にあった赤線地帯の名残りが消滅する!?

函館の夜遊びの歴史は存じ上げないのですが、函館駅前にはふたつ歓楽街があり、どちらもほぼ廃墟になっています。正確に言うと、消滅しかかっています。

函館アカセンの後地

若松町24番地「セキセン」地帯

ひとつめは函館駅からやや北東に行ったところにある、若松町24番地。DEEP案内によると「函館セキセン」と呼ばれ、少し前まで普通にポン引きがいたそうです。ここはかつて赤線だったそうなので、その名残りでセキセンと呼ばれているのでしょう。

函館アカセンの航空写真

ところが現在はごらんの通り。大きなホテルが建設中で、24番地は北側の一角を残して破壊されています。

訪問前に遊郭マニアや赤線研究家の方のブログを読み、この一帯をかなり歩き回ったのですが、それらしい痕跡はこの一角にしかありませんでした。ここ数ヶ月で解体工事がかなり進んだようです。

※20番地のほうの「大門あかしや通り」にあった「スナックメロン」「スナック花」も、Googleマップを見ると建物ごと消滅しているようです。

スナックせつこ

その残されたブロックに、なんとまだ営業中の店がありました。この「なぎさ街」と呼ばれる雑居ビル(おそらく木造二階建てくらいなのでビルではありませんが)の中に、「スナックとも」さんという店が生き残っているようです。

また、画像にあるスナックセリカさん、スナックせつこさんの看板は新しいものでしたので、こちらも生きている可能性があります。が、18時ごろでという時間帯のせいか、全く気配がありませんでした。

※Twitterで地元の方から「この一帯はつい先日まで営業していた。いまは松風町のほうにポツンと(同じような店が)ある」という旨の情報をいただきました。内容未確認ですがご参考まで。

なぎさ街のスナック

このように、中を見ると電灯がついています。ドアの向こうも灯りがついていたので、営業中ではなくとも、まだ使われている物件でしょう。あまりにも圧が強すぎて中には入りませんでしたが、どなかた訪問してみてください。

(通常の飲食店ではない可能性もあるのでご注意くださいね!!)

なぎさ街の裏側

なぎさ街の裏側はこんな感じになっていて、これだと完全にアパートです。建物をニコイチにしたか、アパートやアレな用途の建物を雑居ビルに改築したのでしょうね。

なぎさの裏側の通路

この一角も往事は横丁のようになっていたようですが、通り道部分がホテルの工事現場に塞がれており、アプローチがかなり難しくなっています。工事現場がここまで密着しているということは、このスナックというか、この建物自体はもう命脈が尽きているのではないでしょうか。ど根性ビルですね。

函館アカセンの残骸

スナックの入ったビルもどきの手前は函館市の銭湯組合で、おそらくもう使われていないと思います。従って、件の入ったビルがなくなると、このエリアの歓楽街は完全に消滅ということになると思います。函館の街は再開発が緒についたばかりですが、ホテルが建つばかりで商業施設や飲食店は寂しい印象です。往事の賑わいを取り戻せるのでしょうか…?

函館駅の南側にも歓楽街がある

もう一つ、こちらもほぼ廃墟なのですが、函館駅の東~東南側にも歓楽街があります。

函館駅南側の歓楽街

アクセスとしては、函館駅前のラッキーピエロを東に進んだあたりから、松風町の電停のまわりにかけてです。ここは道が舗装されていて、それほど怪しさはないのですが、それだけに駅前の超一等地が寂れているのは悲しいですね。とはいえ生きている店もいくつかありましたので、深夜になると賑やかになるのかもしれません。

北海道はもっと地方のほうが元気!?

函館は街自体が微妙に大きいためか、廃墟化したエリアをあちこちで見かけます。道南の小さな街のほうが、残存者利益があるためか、店が生き残っているイメージです。函館は本当に素敵な街なので、泥臭くてもいいので、力強い駅前の復活をのぞむばかりです。

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-海外・廃墟・おかしな旅, 赤線地帯・遊郭・歓楽街