福岡空港のJALダイヤモンドプレミアラウンジには明太子おにぎりがあるぞ!

著者・田中(あらいちゅー)の自画像田中(あらいちゅー), 馬主で大家で占い師

日本最強の国内線ラウンジが福岡にある!

福岡空港のダイヤモンドプレミアラウンジにお邪魔したので、そのご報告です。

福岡空港のダイヤモンドプレミアラウンジ

ラウンジは福岡空港国内線ロビーの2Fにあります。ファーストクラス・JGC用のチェックインカウンターを抜けたところで、手荷物検査を経て受付、右側がJALダイヤモンドプレミアラウンジという作りです。

入室条件はファーストクラス利用、ワンワールドエメラルド、JALのすんごい上級会員とかよくあるやつなので割愛しますが、あんまり人がいなくていいですね。

エントランスから国内線レベルを超えた内装

というわけでラウンジの中へ。受付脇から長い廊下を通っていくのですが、この内装がお見事。国内線ラウンジのレベルを大きく越えていると思います。あちこちの空港に行きましたが、美しさは日本最強クラスではないでしょうか?

ダイヤモンドプレミアラウンジの廊下

部材や施工もかなり上質で丁寧な印象です。次はラウンジ内部へ。

福岡空港ダイヤモンドプレミアラウンジの内装

広さはそれほどでもありませんが、とにかく内装がきれいですね。重厚感があるのですが暗い配色ではなく、居心地がいいです。香港国際空港のキャセイパシフィック航空のファーストクラスラウンジ(The Pier)のほうに、色の明るさは似ています。

フードコーナーに明太子おにぎりがあるぞ!

続いて気になるフードコーナーのご紹介。といってもやはりそこは国内線、パンとスープとおにぎりだけです。

明太子おにぎり

が、このおにぎり。福岡空港らしく明太子。こういう心遣いが嬉しいですね!

ちなみに生の明太子ではなく油漬けのもののようですが、美味しくいただけました。

ラウンジのパン

パンもあるのですが、羽田のメゾンカイザーのように、地元の名店と連携したというものではなく、JALオリジナルパンと書いてありました。高菜パンがあるのも博多らしいところです。

クローク(ロッカー)もあるのが嬉しい

その他の設備としては、クロークがあるのが嬉しいところ。手ぶらで飛行機を待てるのはかなり疲労度が違います。

クローク(ロッカー)

羽田は鍵式でしたが、こちらは暗証番号式。個人的には鍵式のほうが面倒が無くてよいのですが。

ダイヤモンドプレミアラウンジを手前から

というわけで、福岡空港のダイヤモンドプレミアラウンジでした。

福岡空港

羽田、伊丹、新千歳と回ってきましたが、おそらく内装の美しさと居心地ではここが最強だも思います。ラウンジから滑走路が見渡せるので、望遠レンズがあればスポッティング(航空機の撮影)もできそうです。JALファンのみなさま、ぜひ一度足を運んでみてください!

araichuu

田中(あらいちゅー)って誰?

馬主と大家をやっている占い師です。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、国際親善は美味いメシからをモットーに、毎日楽しく暮らしています。詳しくは 運営者情報 をどうぞ。

フォローお願いします