2018年10月、日高本線の鵜苫駅が切なすぎて泣いた。

廃線になっていない廃線・日高本線の鵜苫駅

買った馬の様子を見に浦河を訪問したので、その帰りに日高線の駅を回ってきました。

日高本線は度重なる災害でダメージを受け、3年近くにわたって区間の大半が不通となっていおり、JRは復旧を断念してバス転換を地元自治体に働きかけています。

苫小牧~鵡川間は被害が少なく、まだ普通に列車が走っています。
しかし鵡川~様似間は、3年近く列車が走っていません。

したがってこの区間は、「廃線になっているけど廃線でない」不思議な区間というわけです。
まずはその中から、あまりにも心を揺り動かされる「鵜苫駅」をご紹介します。

空き地にぽつねんと佇む鵜苫駅

浦河から国道236号・336号と、海岸沿いを走ります。
陸側に入ってすぐ、人っ気のない空き地に鵜苫駅は佇んでいました。

鉄道ファン、廃線ファン、廃墟ファンなら、このビジュアルに心を掴まれてしまうのでは…。

風化しかかった元貨車(?)の駅舎。これが一応は現役の路線なのですから、驚きます。

パノラマで撮るとこんな感じ。
近くに民家はあるのですが、駅の周りだけ空地になっており、本当になにもありません。
アプローチする道路も本当に細く、見逃すと通り過ぎてしまうでしょう。

驚いたことに駅舎内はかなり綺麗に整美されています。
ゴミも落書きもなく、今でもこまめに手が入っているようです。
残念ながら駅ノート的なものはありませんでした。

ホームはこんな感じ。一応、左右に人家はあります。
そこそこ人の多そうな街なのですが、鉄道だけがそれに取り残されている感じです。

外装はかなり朽ちています。海の様子が描かれているのですが、判別できるのもあと数年だろうな、という感じです。

駅舎のイラストは様似中学校美術部のみなさんが15年前に描いたもので、個人的にかなりセンスがいいと思います。完成したばかりの頃を見たかったですね。

日高線が廃線になるのは(報道を見る限りは)ほぼ本決まりのようですが、この駅は微妙に市街地にも近く、また設備が簡易的なので、残されないような気がします。

早めに、逢いに来てやってください。
写真の撮りごたえがある駅です。
一時間くらいなら、すぐ過ぎてしまうと思います。

日高本線・鵜苫駅へのアクセス

レンタカー以外での到達は至難です。
浦河一帯へは長距離バスがあるにはあり、快速ペガサス号などを使えば新千歳からアプローチできますが、浦河まで着いても公共交通機関が皆無に近く、タクシーを長距離にわたって借り上げることになると思います。
レンタカーの場合はかなり楽で、新千歳からであれば日高道、帯広からであれば天馬街道もしくは襟裳国道~襟裳岬経由となります。
一番手っ取り早いのは帯広空港から天馬街道経由です。90~100分ほどで到達できると思います。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で小さな写真とデザインの会社を経営しています。火鍋とポーカーと占いの研究が生きがい。最近、地方競馬の馬主資格を取りました。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、地元で大家さんもやってます。国際親善は美味いメシから!