【作例とレビュー】XF50-140mm F2.8Rでポートレートを撮る!

お友達にも教えてあげてください!

XF50-140mm F2.8Rはポートレートの神レンズ

富士フイルムのカメラは、取り回しと発色の良さが売りです。
取り回しがよいおかげで、シャッターチャンスを逃しません。
そして発色がよいおかげで、なにげないカットでも、濃密な雰囲気が出るんですね。

これ、街中でのポートレート撮影に向いていると思うんです。
くだけた言い方をすると、カメラを持って、女の子と気楽なお散歩…でしょうか。

というわけで、富士フイルムのポートレート向けっぽいレンズを数本用意して、街中をモデルさんとプラプラ歩きながら、ポートレート撮影に挑んでみました。

第1回はX-T2に、XF50-140mm F2.8 R LM OIS WRを装着してお届けします。
取り回しや実用性を主にレポートしたいと考えていますので、等倍の解像力がMTFで云々~~~といったご希望には添えないと思います。先に謝っておきます!

※撮影はInstagramで大人気のポートレートカメラマン・sugar_w_loveことSeiki Suganumaさんに、モデルは中野詩織さんにお願いしました。

X-T2+XF50-140mmF2.8Rの組み合わせ

というわけで、今回はX-T2+XF50-140mm F2.8でお散歩です。
XF50-140mm F2.8、フジのレンズの中ではかなり大きい方なのですが、それでもカメラボディとトータルで考えると、フルサイズ機より全然取り回しが良いですね。




XF50-140mm F2.8Rの美しいボケでモデルさんを引き立てる

さて、ファーストカットです。
たまたまヌケのいい通りを見つけたので、モデルさんにテクテク歩いて行ってもらい、光線の柔らかいところで振り向いてもらいました。

FUJIFILM X-T2 & FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR
ISO400 F2.8 1/1000 87mm付近
フィルムシミュレーション:PROVIA
軽くレタッチ済み・軽くトリミング済み

ヌケがいいことはいいのですが、さすがに背景がゴチャついていますね。
街中なので、望遠で絞って背景の密度感を活かす絵もあると思うのですが、やはりXF50-140mm F2.8の美しいボケを生かして、寄り+開放で撮影して、背景を整理するのが楽しそうです。

広い焦点距離と全域f2.8の明るさが魅力

寄り+開放で撮影して背景を整理するのは、sugar_w_loveさんの得意なパターンです。
「XF50-140mm F2.8はポトレ撮影の常用レンズで、必ず持参する一本。広い焦点距離と全域f2.8の明るさは、最高のプロフィールです」とのこと。

FUJIFILM X-T2 & FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR
ISO400 F2.8 1/1000 120mm付近
フィルムシミュレーション:PROVIA
かなりトリミング済み・レタッチなし

モデルさんには、背景が完全にヌケているところに移動していただき、余裕のあるフレーミングで撮影。
その後、きつめにトリミングして、背景を整理しました。
XF50-140mm F2.8はさすがのボケ足で、雑多な街の景色には見えないですね。

そしてレンズの解像力とカメラの解像度に余裕があるので、トリミングは面積の半分近くを捨てるキツ目のカットだったのですが、十分にきれいです。
アウトプットがWebで、短辺1000px程度であれば、まったく問題ないですね。

フィルムシミュレーション・ベルビアでも撮ってみた

せっかくなので、ベルビアモードのフィルムシミュレーションで撮影したものも。
こちらはワーキングディスタンスを詰めての撮影で、70mm付近です。トリミングはしていません。

FUJIFILM X-T2 & FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR
ISO400 F2.8 1/550 70mm付近
フィルムシミュレーション: Velvia
トリミングなし・レタッチなし

これくらいの焦点距離もキレイな絵が出ますね。
ベルビアモードなので、モデルさんの肌の発色が良い(良すぎる?)のですが、同時に背景の色も立ってくるので、ボケの効果が弱まったようにも感じます。
これは長所にも短所にもなると思うので、街中での使い所には気をつけたいところです。

テレ端と白黒(ACROS)も使ってみよう

テレ端と白黒(ACROS)も使ってみましょう。
街の雑多な雰囲気を生かすため、モデルさんに自由に雑踏を歩いてもらい、振り向いたところで撮影します。

FUJIFILM X-T2 & FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR
ISO400 F2.8 1/320 140mm付近
フィルムシミュレーション:ACROS
トリミング済み・レタッチなし

sugar_w_loveさんいわく「XF50-140mm F2.8は手振れ補正もしっかり効いていて、こんなシチュエーションにもピッタリ」とのこと。
そして取り回しがコンパクトなので、かなりの人混みだったのですが、スムースに撮影することができていました。




この写真ですが、開放テレ端、手前に入れた人物の前ボケの美しさが効いていると思います。
ここがザワついたボケかただと、この表現はできませんね。

ACROSがややハイキーなことと、Wordpressで画像がリサイズされているので、モデルさんの顔の階調が飛んでいるように見えると思うのですが、実際は肌のシャドウ部分からハイライトまで、なめらかに写っています。

(ほぼ)等倍切り出しのカットもどうぞ

というわけでオマケとして、顔の部分をほぼ等倍に切り出したものも貼っておきますね。

FUJIFILM X-T2 & FUJINON XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR
ISO400 F2.8 1/320 140mm付近
フィルムシミュレーション:ACROS
かなりトリミング済み・レタッチなし

今回は実写レビューなのでレタッチなしでお送りしますが、風で跳ねた髪の毛を抑えて、あとほんの少し修正すれば、かなりドキッとした一枚になるのではないでしょうか。
カメラとレンズのおかげで相当なトリミング耐性があるのは、先述のとおりです。

というわけで、富士フイルムのカメラとレンズを使った、街中ポートレート。
XF18-135mmF3.5-5.6R、XF100-400mmF4.5-5.6R、XF16-55F2.8R、XF10-24F4R、そしてオマケでニコンのAi 50mm F1.2Sを装着したものもありますので、ボチボチ公開していきたいと思います。

次回以降もお楽しみに!

富士フイルムのレンズで街歩きポートレートシリーズ

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で小さな写真とデザインの会社を経営しています。火鍋とポーカーと占いの研究が生きがい。最近、地方競馬の馬主資格を取りました。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、地元で大家さんもやってます。国際親善は美味いメシから!