(TG)ビジネスクラス タイ国際航空 飛行機の旅

飯と酒がうまい!シルバークリスラウンジをスワンナプーム国際空港(バンコク)では猛烈に勧めます。

2017年11月30日

バンコクのシルバークリスラウンジはいいぞ

スワンナプーム国際空港(バンコク空港)のタイ国際航空のラウンジ、なんか年々しょぼくなってますよね。フードも内装も、なんか辛気臭いのです。

しかしビジネスクラス利用客や、SFCのゴールドメンバーなら嘆くことはありません。少し歩くのですが、シンガポール航空のシルバークリスラウンジが使えます。

場所はコンコースAの3階です。かなり奥の方なので、道に迷ったかと思うのですが、グングン進んでください。ちょっと前に移転して、やや遠くなったようです。

内容は超充実。オープンカウンターのバー、そして暖かくて美味しいフードが待っています。ぶっちゃけ香港のシルバークリスラウンジなみのクオリティになってますよ!

この日は時間帯が平日昼だったためか、利用客も少なめで快適でした。さて、さっそくバーに腰掛けてみましょう。

開放的なバースペースでオリジナルカクテルをいただく

このラウンジで面白いのは、オリジナルカクテルが数種類あることです。すべてバンコク、空港、シンガポール、飛行機といったモチーフで作られています。

とはいえ流石にラウンジのバーです。適当に酒を混ぜてパパッと出すのかな…と思いきや、バーテンさんが材料を刻むところから始まりました。気合い入ってますね!

お酒は苦手というか、あまりよく味がわからないので、デザート感覚で軽そうで甘そうなものをいただきます。

ひゃーー、こりゃ旨いですね。ジンジャーとウォッカのカクテルだったかと思うのですが、香りが良くて、飲みやすくて、すいすい行ってしまいました。

このままではベロベロになってしまうので、フードもいただきましょう!

シルバークリスラウンジはホットミールが超充実!朝飯抜いて来てよし!

フードは生鮮野菜もホットミールも超充実しています。

サラダバーは鮮度も申し分なし。面白いことに、ソムタムバーになってますね。

これでこそ、タイに来た気分が増すというものです。とはいえ、これから帰国便なのですが…(笑)

ちなみに、ライムも惜しげもなく山盛りになっています。薬味のかけ放題は、国境を超えて幸せですね!

ホットミールもご飯もの、麺、汁物と超充実。温度管理も適切だと思います。

こちらのチキンクリームスープが美味。スパイスがそこそこ効いていて、雰囲気としてはカレーに近いですね。ライスと一緒にいただいちゃいましょう!

そして、香港のシルバークリスラウンジでは、シンガポールラクサの一品提供がありましたが、こちらはエビ麺がありました。麺と具がはじめから器に入っていて、自分でダシをぶっかけて席に持っていくスタイルです。

えび粉を練り込んだ麺に、ぷりぷりのエビとモモ肉のチャーシューを添えて、いただきます。
クーラーの効いた空港では、こういう温かい汁物が癒やされますよね。

というわけで、ミールの全景はこんな感じです。これなら、バンコク市街やスワンナプームのフードコートで朝飯or昼飯を取らずに、こちらで食事をしてもいいでしょう。

というわけで、久々に超充実したラウンジ滞在でした。帰国便はボーイング747。ジャンボのアッパーデッキでビジネスクラスを堪能してきます!

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-(TG)ビジネスクラス, タイ国際航空, 飛行機の旅