(NH)ビジネスクラス ANA 飛行機の旅

台北・松山空港のVIPラウンジがまともになっている

2016年10月20日

台北・松山空港はガッカリラウンジでしたが…。

台湾旅行に行くなら「桃園より松山が絶対良い!」と思います(空港が市街地にあるのです。繁華街までもタクシーですぐ)。

ただ松山空港は元々は羽田空港と同じく、国際空港→国内線メイン→国際空港と変化してきたため、ラウンジや設備がぶっちゃけ国内線水準なのですね。

前回訪問時(もう何年前だったか忘れました)は制限エリア内に、我々スタアラ勢がまともに使えるラウンジがなかったのですが、近年エバー航空がスターアライアンスに加盟したこともあってか、ちゃんとしたラウンジに入ることができました。

dsc_0319

こちらはイミグレを抜けてすぐ左手、制限エリアの入り口近くにあります。
驚いたことに、スターアライアンス系、ワンワールド系、その他ごった煮になっています。ちなみに制限エリア外には、エバー航空やチャイナエアライン、ユニー航空のそれなりのラウンジがあります。

フードは結構色々とある

さっそくフードコーナーへお邪魔してみましょう。おっ、ホットミールが色々とありますね。

dsc_0321

とはいえ松山空港は市街地に近いので、なにもラウンジでしょっぱいミールを食べずとも、市街地でウマいものを食べてくれば良いのです。
というかぶっちゃけ、チェックインが終わってからタクシーを飛ばして、近くの屋台に行くことすら可能という距離です。
そして空港内のマーラー牛肉麺屋もけっこうウマいので、それのほうがいいかも…。

dsc_0320

というわけでラウンジ飯をDisるようで恐縮ですが、成田のANAラウンジなんかよりは、よっぽと食欲をそそりそうな内容でした。

dsc_0322

そして不思議なことに、どこを探してもカレーは見当たらないのですが、ラウンジ中にカレーの香りが漂っています。
奥の方にANAラウンジのようなヌードルバーがあったりして、カレーラーメンが出たりしているのでしょうか?

dsc_0325

小生は外で食べてきたので、サンドイッチとマンゴージュースだけ。このマンゴージュース、不思議とうまかったので、満足満足です。

内装はきれい、座席もけっこう良い

ごちゃ混ぜラウンジなので、内装も適当で混みまくりかと思ったのですが、意外や意外、快適でした。

dsc_0327

これなら、出発前にくつろげますね。以前はマトモにラウンジが使えなかったので、市街地で極限までチンタラして、ギリギリにチェックインするという、ゆとりのない旅の終わりになっていたのです。
これなら台湾旅行、楽になりそうです。

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-(NH)ビジネスクラス, ANA, 飛行機の旅