横浜中華街でビャンビャン麺と蘭州ラーメンが食える「蘭州牛肉拉麺東珍味小籠包」

お友達にも教えてあげてください!

横浜中華街でビャンビャン麺を

世界一画数が多い字、ということで「ビャン」という漢字があることは知っていたのですが、この字は現役で「ビャンビャンメン」という食べ物に使われているそうです。

というわけでそのビャンビャン麺を食べに、横浜中華街までお出かけしてきました!

お店の名前は「蘭州牛肉拉面」。

蘭州牛肉ラーメンですね。そのまんまやんけ!です。

こちらがビャンビャンメン。超幅広の平打ち麺を、汁なしタンタン麺のようなタレに和えて食べるようです。

そしてお店の看板メニュー、蘭州牛肉麺(蘭州ラーメン、蘭州牛肉ラーメンとも)も注文してみました。

ビャンビャンメンの正体はこんな感じ!

麺は手打ちとのことので、少し待って着丼!

こちらが噂のビャンビャンメン。先述の通り、かなり幅広な平打ち麺です。中華の手打ち麺はフニャフニャなことが多いのですが、こちらはシコシコしていて腰はかなりあります。

汁なしラーメンのようなタレは真っ赤ですが、案外辛くありません。中華らしい、独特のコクがあるタレで、あっという間に食べてしまえます。

蘭州ラーメン(蘭州牛肉麺)も来たぞ!

続いて蘭州ラーメンこと、蘭州牛肉麺もいただきます。

こちらは初めからラー油が入っていないタイプ。スープは優しい味で澄んでおり、西川口の名店・ザムザムの泉にタイプとしては近いと思います。

ザムザムほどの研ぎ澄まされた感じはありませんが、その分大衆的で食べやすい印象です、

麺は太さを聞かれなかったのでお任せにしたのですが、やや平打ちの中太麺でした。モソモソしていて腰がない、いかにもな中華の手打ち麺なのですが、この優しい食感が、薄味で澄んだスープと合うのです。コシ至上主義のみなさんにも、試してほしい組み合わせです。

卓上にはラー油があり(お酢はなし)、味変も楽しめます。ここのラー油はかなり辛さが抑え目で、スープにややコクと辛さを与えるという感じでした。徹頭徹尾、優しい牛肉麺を目指しているようです。

というわけで、横浜近郊のみなさん。わざわざ池袋や神保町に行かなくても蘭州ラーメンは食べられますよ!

お店のデータ

蘭州牛肉拉麺東珍味小籠包

神奈川県横浜市中区山下町139 ケンビル 1F 木曜日

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。