西川口「ザムザムの泉」で絶品の蘭州牛肉麺を喰らう!

お友達にも教えてあげてください!

蘭州牛肉麺(蘭州ラーメン)が食べたいいいい!

Twitterの中国夢クラスタで「西川口がガチンコの中華街になっている。日本人とかガン無視で、現地の味の料理が食える。西川口はいいぞ」と、ここのところ騒がれています。

その話題の中心になっているのは、蘭州牛肉麺(蘭州ラーメン)の「ザムザムの泉」でしょう!

前から行きたかったのですが、浦和競馬の帰りに寄ってみました!!

ザムザムの泉に到着!平日の昼から並んでる!

というわけで、西川口駅の西口から歩いて5分ほど。ザムザムの泉に到着です。西川口中華街の中心部からは少し離れていますね。

驚いたことに、平日の2時すぎにも関わらず、並びがあります。

小生含めて4人とラーメン二郎の並びに比べればなんてことないのですが、注文してから麺を茹でる&席が8席しかないため、そこそこ待ちました。

しばらくたって着席。なんと、小生で午前の部はスープ切れだったようです。ありがとう神様。

メニューは牛肉麺ひとつだけ。トッピングや麺の太さ、量をカスタマイズできる方式のようです。

麺の太さは6段階から選べる

トッピングは味玉と牛肉マシが選べます。お腹に余裕があるなら、両方マシにすることを強く推薦します。うめえんですよ、これが。

さて悩ましいのが麺の太さ。蘭州では牛肉面は朝飯にも喰うものらしいので、冷や麦くらいの細麺か、ヌラヌラピラピラの太麺が現地っぽいかなと思ったのですが、気分で中太麺(3番めの太さ)にしてみました。

蘭州牛肉麺と対面!!

並びはそこそこ待ったのですが、麺を中太にしたためか、それほど待たずに着丼!

ああああああ、こんなん旨いに決まってますやん!!!

澄んだ味のスープに淡白な麺、パクチーの香り。味しみたサイコロ大の牛肉もいいアクセントになって、たまりません。

ちなみに麺は手打ちで、寡黙な大将が黙々と力を込めて、打ってくれます。

なお、本来は大根がもっとどっさり入っているらしいのですが、品切れのためサービスで卵がトッピングされていましたw

さあ、いただきましょう。夢中でむさぼり食いますよ。もうとまりません。うおおおおおおおぉン!

途中から味変のためにラー油や黒酢を入れていくのが現地流らしいのですが、個人的にはスープの澄んだ味わいを美としたいので、ナシでもいいと思いました。

※太麺でオーダーした時は味変で入れたほうがいいと思いました。

※入れる順番としては、黒酢→ラー油、のほうがよさそうです。

お店の綺麗なお姉さんいわく、人手不足で今は蘭州ラーメン(牛肉麺)に絞っているとのことで、この牛肉麺はいつ行ってもメニューにあると思います。

980円とそこそこ値は張りますが、量もたっぷりで満足感は素晴らしいです。

西川口で味わえる絶品のひとつ、ぜひぜひ、訪問してみてください。そして、スープ切れにはご注意を…!

【追記】蘭州牛肉麺と蘭州ラーメンの違い

別日に再訪したところ、店主さんがいらしたので、蘭州牛肉麺と蘭州ラーメンの違いについても聞いてみました。

基本的に蘭州牛肉麺も蘭州ラーメンもカテゴリーとしては同じ食べ物で、牛のスープに麺を入れて食べるところは変わらないのですが、中国現地だと蘭州ラーメンを名乗る店はファストフードというカテゴリーで、スープも出来合いのものを使う店が多いのだとか。

気合いの入った店は必ず自店で牛肉・牛骨からスープを取っており、そうした店は蘭州牛肉麺を名乗ることが大半なので、うちも蘭州牛肉麺と呼んで欲しい、とのことでした。

蘭州牛肉麺という言葉を知らない方もいると思うので、このブログでは併記としておきますが、蘭州牛肉麺、旨いぞ! と力強く附記させていただきます。

蘭州料理(蘭州牛肉麺)・ザムザムの泉

〒332-0021 埼玉県川口市西川口3丁目32−9 メゾン里山東側

JR京浜東北線西川口駅下車・西口から徒歩5分。

12時00分~15時00分
17時00分~20時30分

※月曜定休。営業時間は日によって違います。昼の部がなかったりするらしいので、お店のTwitterやGoogleで必ず確認してください。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。