火鍋の素を試食で比較!最高に旨いのはこれ

お友達にも教えてあげてください!

自宅でかんたん四川火鍋!

火鍋が好きすぎて、自宅でも頻繁に作るのですが、いつも悩むのが火鍋の素(スープというかダシ)をどれにするか。中華食材店にいくと、何種類もあって、迷うんですね。

いつか食べ比べをしてみたい…と思っていたのですが、身内の飲み会で火鍋をやろうということになり、素晴らしい機会なので、食べ比べをすることにしました。

用意した火鍋の素は三種類

というわけで、今回比較する火鍋の素は3種類!

とか言いつつ、写真には4種類写っていますが、鍋の数が足りなかったので、左上の老干媽(ラオガンマー)は使わないことにしました。

ラオガンマーは有名ブランドなので、まあ試さなくてもいいかなと。すんません。

というわけで、改めて今回登板する火鍋のダシをご紹介しましょう。

まずは右上、心配になるくらいの激安がウリ!蜀滋味小肥羊火鍋底料(110円)!

そして右下、そこそこの価格帯で味もそこそこか?天味大紅袍牛油火鍋底料(258円)!

ラストは左下、我が家の定番、重慶特荘大火鍋(198円)!

この3つです。

火鍋の素の使い方

火鍋自体には、さしたるレシピはありません。日本の鍋のダシと使い方は基本的に同じで、食材も牛、羊、魚、貝など、好きにぶち込んでいただけます。

火鍋のダシの量に注意するというのと、お好みでニンニクとネギを追加するというのが、唯一気をつけるところでしょうか。

あと、すんごく辛いのが好きな人は唐辛子を追加してもいいですね。

火鍋の素は粘土のように固まっているので、グニグニとこねて、ゴロンと鍋にいれて、水を注いで煮てください。沸騰したら、もう食べられます。

火鍋のダシは150~200gが標準的な量ですが、小さめの鍋や、二色鍋なら75~100gで作って、味が足りなくなったら足していく方式で良いでしょう。

大きめの鍋なら、いきなり150~200g全てをゴロンと入れちゃいましょう!

火鍋のダシ、肝心のお味は?

では、火鍋の素をさっそく試食していきましょう。まずは激安110円で買えてしまう、蜀滋味小肥羊火鍋底料から試してみます。

ややケミカル!蜀滋味小肥羊火鍋底料!

これは価格通りというか、なんというか、匂いが結構ケミカルです。食べてみると、インスタントラーメンのスープのような味。いい意味でチープ、記憶にある味ですね。

これはこれで美味しいのですが、香りや奥行きに乏しいので、高い食材をぶち込むのはやや躊躇されます。

一人暮らしや友達とざっくり楽しむダシですね。価格相応だと思います。

1人鍋なら2回分はあるので、1食55円なら十分なコスパでしょう。

価格★★★

香り★☆☆

辛さ★☆☆

※小肥羊ブランドの火鍋のダシは数種類ありますので、注意してください。火鍋チェーンの小肥羊が使っている、かわいい羊のマークが入ったものが本家です(たぶん)。あちらは値段がやや高めですが味も相応に美味しく、個人的にはキノコ出汁などの変わり種がお買い得かなと思います。

香りが出てきた!天味大紅袍牛油火鍋底料

続いてそこそこの価格帯、天味大紅袍牛油火鍋底料(258円)を試します。

さすがに最安のダシの2倍以上の価格だけあって、香辛料の香りが立ってきます。

スープもインスタント感が薄くなり、コクが出てきました。辛さは控えめで、あっさりと美味しくいただけます。

これなら、そこそこの牛肉を入れてもいいですね。個人的に合格、初心者でも怖くない、優しい火鍋です。

価格★★☆

香り★★☆

辛さ★☆☆

やっぱりこれ!重慶特荘大火鍋

ラストは小生の大好物、数々の火鍋の素をなぎ倒して、我が家のレギュラーの座を勝ち得た重慶特荘大火鍋(198円)です!

今回は特辛をセレクト。198円と価格は控えめですが、ケミカル感はあまりありません。

スープにコクがあり、辛さもしっかり。香辛料と唐辛子、塩味を効かせた感じの、日本人好みのダシだと思います。

今回は特辛ですが、中辛でも他のダシよりやや辛いのが難点と言えば難点でしょうか。

中辛と特辛は、耐久力にあわせて選んでくださいね。個人的には、そこまで差はない気がします。

価格★★☆

香り★★☆

辛さ★★☆

火鍋の辛さは生卵で美味しく中和!

なお秘密のテクニックですが、生卵を漬け汁にして、すき焼きのように火鍋を食べると辛さが抑えられる上に、激ウマになります。辛いのが苦手な方は、ぜひお試しを。

そんなわけで、やはり個人的には重慶特荘大火鍋が優勝です。

今のところ、これを越えてきたのは、四川省で売っている500円くらいするガチの火鍋の素くらいなので、中華食材店で気軽に買えるという前提であれば、やはり重慶特荘大火鍋を推したいと思います!

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。