香港の廟街(テンプルストリート)夜市はニセモノの宝庫!?

お友達にも教えてあげてください!

廟街のニセモノ銀座を歩く

香港のアクティビティーと言えば、美食の次にショッピングが思い浮かびます。

高級なブランドショップが建ち並ぶチムサーチョイも楽しいのですが、ゴミみたいなガラクタが売られている深水歩(シャムスイポー)の街、そして今回ご紹介する、ニセモノのブランド品や激安チャイナドレスが売られている、廟街(テンプルストリート)も外せません。

ニセモノは2千円くらいで質はまあまあ

テンプルストリートの屋台には、バーバリーやヴィトン、エルメスなどのニセモノが山のように置かれています。

香港人も一応「ニセモノはやばい」と思っているのか、意匠はそっくりなのですが、ロゴはありません。

財布やバッグなどはそこそこの品質で、1500円から3000円くらい。遠目に見ればわからないでしょう。

不思議なことに、ポロ・カルバンクライン・トミーフィルヒガーなどの衣料品は、普通にロゴが入っています。

これはロゴがないと、単なる安っぽい衣類なので、ニセモノ的に仕方ないのかもですね。

買っても税関で没収されますよ

というわけで、見た目が似てればいいやーという程度のニーズであれば、廟街で売られているニセモノで十分に満たせるとは思います。

しかしニセモノのブランド品を日本国内に持ち込むのは御法度。税関で見つかると取り上げられるはずです。面倒なことはやめておきましょう。

小生はオッサンなので、そもそも買いませんでしたが…!٩(๑>∀<๑)۶

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。