【超美麗】X-T2で夜景を撮るなら、XF16-55F2.8を連れて行きたい。

お友達にも教えてあげてください!

X-T2は夜景スナップ撮影に最強だと思うのですが…。

オフィスが渋谷にありますので、ライフワーク?として、通勤の途中にあれこれと渋谷でスナップを撮っています。先日のハロウィンでは、こんな一枚を。ベルビアの色が、窓によりかかる人の姿を際立たせてくれています。

X-T2で撮影した渋谷

街中での夜景は広角・中焦点・望遠、どの焦点域で撮っても味があるものです。とはいえ人混みの酷い渋谷で、レンズの付け替えなどは事実上できません。どれか一本つけていくなら何にするか、私の結論はXF16-55mmF2.8 R LM WRでした。

夜景にXF16-55mmF2.8 R LM WRをおすすめしたい理由

まずは先述のように、不満の無い広角端の広さが得られること。街中では被写体まで歩いて寄れますし、どのみち人混みのなかではそうするしかありませんから、望遠端よりは広角端を優先したいのです。




そして基本的な画質がよく、フレアの出方もきれいで、ビルや街の照明を撮ると艶のある画像が得られる点が気に入っています。開放でも十分な絵が出ますが、F4あたりまで絞ると万全です。

とにかく重たいレンズではあるのですが、X-T2に装着して、中くらいのカメラバッグに放り込んで毎日歩いています。夜景スナップはX-T2の高感度(ISO6400くらいまでは平気です)と、XF16-55mmF2.8 R LM WRの高画質を生かせる被写体だと思いますので、皆様もぜひ、この組み合わせで遊んでみてください。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。