ミュンヘン空港近くのアルカディアホテルでルフトハンザのCAさんと出会う

お友達にも教えてあげてください!

極上のトランジットホテルがミュンヘン空港の近くにある

まだまだANAファーストクラスで行くヨーロッパの旅の続きです。

ミラノからミュンヘンに着くと、もう夕方。
長旅&フライトの連続が効いたのか、ドッと疲れが出ていました。
無理に観光しなくてもいいや、ということで、ミュンヘン市内に取っていた安宿(というには高いし設備も悪い)をキャンセルして、空港近くのアルカディアホテルに予約を取り直します。

空港から電話して迎えに来て貰うスタイル

空港のバスターミナルからシャトルバスが出ている、と予約サイトには書いてあったのですが、バスターミナルに行ってみると「呼んでくれたら行くから電話ちょーだい」という旨の張り紙が。
ドコモの携帯で電話をかけてみるも、なぜか通じず。
香港ハチソンのSIMを入れたiPhoneでかけてみても、通じません。

かけ方は間違ってないはずなんですが…電話番号が違うんじゃねえの????
どうしよう。ドイツ語わかんないし、公衆電話もないし…と困り果てていたところ、偶然にもアルカディアホテルへ行くほかのお客さんがいたようで、バスが来ました(笑)

ミュンヘン空港の周りは風光明媚

空港の周り、ほんと何もないんですね。
ずんずん田舎道を通っていくので「もしかしてめっちゃ遠いんやないか」と不安になったのですが、10分ほどでホテルに到着です。

10360831_10203853116350442_3569631043292623106_n

ホテル自体は清潔で、設備もよく、部屋も広く、きわめて快適です。
そして何より、テラスからの眺めが絶品!!!

麦畑を見渡せるテラスに座って、そよ風に吹かれ、飛行機を眺めながらの読書…。
ヨーロッパ旅行、至福の瞬間です。
(送迎は無料、空港からもそれほど遠くないので、クソ高いエアポートホテルに泊まるよりは、断然こちらをお勧めします)

10363451_10203859184782149_9147446944011809294_o

というわけで、とても良いホテルではあるのですが、周りにレストランなどはまったくないので、晩飯はこの中で食べるほかありません。
まぁ高くてまずいのだろうなぁ…と思っていたら、そこそこ高くてかなり美味しい、というやつでした。

10442398_10203853825488170_935456375596510316_n

薄く伸ばした豚肉に、野菜を巻いて焼き上げた名前不明の料理。ソースはバジル風味で、ざくざくいける。
肉も芋も味が濃厚で、噛めばじわっとうまみが出てきます。
ホテルの小さな庭で食べるディナー、乙なものです。
料理長も出てきて挨拶してくれました。

メインディッシュ、バゲット、グラスワインで20ユーロくらいでしょうか。
ドイツは豚肉とジャガイモ、そしてワインが鉄板ですね。
ごちそうさまでした。

10403518_10203859187942228_8583847900780637089_n

ヨーロッパなので7時8時ではまだ外は明るいです。
9時くらいで夕方、でしょうか。

ホテルのテラスでルフトハンザのCAさんと出会う

テラスでちんたらしていると、隣の部屋に泊まっているお姉さんがテラスに出てきました。
なんとルフトハンザのCAさん。
なんでルフトハンザだとわかったかと言うと、制服だったから!

10425116_10203859187102207_8250135116552799206_n

どうもここ、ルフトハンザの乗務員用ホテルになっているようです。
まぁ、当然、なにもなかったですよ!
ドイツ語が出来れば、明日はLH714のCクラスに乗っているよ、くらいは言えたかもしれませんが…。

というわけで「ルフトハンザ LH714 ミュンヘン-羽田 ビジネスクラス搭乗記」に続きます!

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。