(LH)ビジネスクラス ルフトハンザ 飛行機の旅

マルペンサ空港24時・ルフトハンザラウンジで生ハム足りないぞ事件

2014年10月18日

ミラノ・マルペンサ空港のスターアライアンスラウンジがしょぼいしょぼすぎる

いつぞやのANAファーストクラスで行くヨーロッパの旅で、書き漏らしたフライトについて書いていきます。

成田からパリ、パリからミュンヘン、ミュンヘンからマルペンサと来て、LH1859でマルペンサからミュンヘンに戻ります。とうわけで、マルペンサ空港のルフトハンザラウンジについてご報告します。




天下のルフトハンザラウンジなのですが…。

天下のルフトハンザですから、ラウンジもそこそこ豪華なのでは…と思いきや、薄暗い通路をつらつら歩いた先にある、バックヤードの一角みたいな所にでした。

狭い、暗い、ぼろい、しかもゲートから遠いと四拍子そろっています。そのせいか、お客さんもほとんどいません。

シェンゲン協定区域内ではスターアライアンス勢はほかにラウンジを持っていないはずなので、ルフトハンザやスイスエアの上級会員はここに来るしかないはずですが、相当に肩身がせまいですね…。

(後でわかったのですが、ゲート近くにプライオリティパスで入れるラウンジがあり、こちらは広々としていました)

10500254_10203851753236365_6905116426226827178_n

フードは貧弱ですが、ありがたいことに生ハムがありました。

ミラノで朝からピッツアをもりもり食べてしまい、お昼を抜いていたので、半端に腹が減っています。客もほとんどいないので、まあいっかと生ハムをほとんど独り占め。いただきます。

ヨーロッパはチーズと肉がいちいち旨い

見た目は貧相なのですが、お味は合格点。ヨーロッパは肉とかチーズがいちいちうまいですね。

食った食った…と思ってオレンジジュースを楽しんでいたら、イタリア人の団体客がドドッと入ってきました。そして案の定「フードコーナーに肉が無いぞ」的なことをイタリア語で係員さんに話している模様。す、すんません...。

というわけで、そそくさとゲートに向かうのでした。すんませんです。

エアドロミティのに乗り継ぎ

というわけで搭乗。いつものエンブラエル。Embraer 195 ですね。

エアドロミティ運行のフライトなのですが、CAさんの制服がレトロかっこいいというのと、やっぱイタリア女性は美人だなぁというくらいで、特筆すべきこともない、快適な旅でした。

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-(LH)ビジネスクラス, ルフトハンザ, 飛行機の旅