クラシックレンズ・クラシックカメラ 写真全般

【素人に必要か?】カラーメーター・プロデジカラー C-500Rでストロボの色温度を測定する。

2012年8月6日

仕事帰りの新宿。いつもアルプス堂。

ショーケースに見慣れない機械が、なんと65000円という値札で…!!

というわけで、セコニックのカラーメーター、プロデジカラー C-500R(海外版)を買いました。

国内で買うと12-14万、海外で買っても10万くらいするので、かなりお買い得でした。正規流通品だと安い所でもこれくらいです。

と、売れもしないアフィリはこれくらいにしてw、

さっそく持って帰って、自宅のエリンクローム Elinchrom D-Lite4を測定。

1mの距離で測ろうと思ったところ、なんと光量が強すぎて測定できず!びっくり。

※これは多分、測定モードをLからHに換えれば問題ないと思います。今気がついた。

 

そこで2.5mくらいの距離で測定。

それぞれ3発ずつ測定して、フルパワーで平均4920K、ミニマムパワーで平均4880Kくらいでした。おそらく1m距離で測定していれば、マニュアルの5000Kに近い値だったかと思います。

測定ごとの誤差は10K程度と、このエリンクローム Elinchrom D-Lite4、安い割にはかなり使えそうですね。

 

ちなみにこの機種、海外版のC-500Rと、国内版のC-500とがあります。

違いは単に、無線発光機能があるかないかのご様子。念ながら小生のエリンクローム D-Lite4では発光せずでした。

 

…そして余談ですが、C-500Rでモニタの色温度を測ろうと思ったところ、これがまったくうまく測れず。

どうやっても、colormunkiで調整したターゲット値の1000Kほど下が出ます。うまく測定できない光源波長なのかもしれません。

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-クラシックレンズ・クラシックカメラ, 写真全般