シカゴ・オヘア空港のUAポラリスラウンジで特製ハンバーガーを食うぞ!

シカゴ・オヘア空港のポラリスラウンジでハンバーガーをいただく!

アメリカと言ったらユナイテッド航空。ユナイテッド航空といえばシカゴ。
私の飛行機大好き人生の起点であるシカゴ・オヘア空港から、(ユナイテッド航空ではなくANAですが)ファーストクラスに乗る機会に恵まれました!
というわけで、今回はファーストクラスラウンジで出てくるユナイテッド航空特製ハンバーガーの話です。

オヘア空港の渡り廊下

オヘア空港は80年代アメリカのデザイン力と工業力をすべて投入したような、真っ白なのに重厚で可憐な空間デザインで知られています。
シカコが舞台の映画ではよくロケ地に使われており、私は「ベスト・フレンズ・ウエディング」という映画に登場したオヘア空港の景色に目を奪われ、そこから飛行機好きになったのです。

どうですこれ、素敵でしょう!
そのオヘア空港には、ユナイテッド航空(ならびにスターアライアンス便)のビジネスクラス・ファーストクラス搭乗者限定の「ポラリスラウンジ」があり、そこのハンバーガーが名物というわけです。
ユナイテッド航空ファンとして、ラウンジのタダ飯大好きおじさんとして、とくと味わってきたいと思います!

さっそくポラリスラウンジへ

チェックインカウンターからとにかく延々歩いて、ようやっとポラリスラウンジに到着しました。
繰り返しますが、ここはビジネスクラス・ファーストクラス搭乗者限定で、エコノミークラス・プレミアムエコノミークラス利用のスターアライアンスゴールド会員はユナイテッドクラブに飛ばされます。
そんな選ばれしラウンジではあるのですが、残念ながらファーストクラス民・ビジネスクラス民がシカゴにはイナゴの佃煮のようにいるため、メッチャ混んでいます。

でもまあこんなラウンジなんで文句も吹き飛んじゃいますね!
バーカウンターでカクテルを頼むもよし。アルコールやワインを注文するもよし。好きなドリンクを片手に、ユナイテッドの機体をなめるように眺めてください。

ラウンジ付属の無料レストランでハンバーガーを注文する!

というわけで飛行機を堪能したら、ラウンジ付属の無料レストランへ行きましょう。
空港ラウンジによくあるビュッフェと違って、フルサービスのレストランになっています。
頼むのはもちろんユナイテッド航空特製のハンバーガーですが、係の優しいお姉さんが「サラダはいいの?」「ハンバーガーにチーズと目玉焼きを入れるとおいしいわよ」「フレンチフライもつけるわよね?」「デザートはいいの?」とめっちゃ親切に悪魔の囁…アドバイスをしてくださり、気がついたらちょっとしたコース料理になっていました。

ユナイテッド航空の特製サラダ

まずは特製のサラダ。正直期待はしていなかったのですがメチャクチャ美味しいです。
香り豊かなガーデンサラダ。かすかな青さというか、土の香りが食欲をそそります。ソースとチーズも相性抜群。
サラダがこれだけうまければほかも旨いやろと確信します。

そしていよいよユナイテッド航空特製のハンバーガーがきたああああああああああ!
きたああああああああああああああああああああああ!!(くどい)

ユナイテッド航空のハンバーガーの断面図

大きいので半分にカット。皮がしっかりめのふわりとしてたバンズ、カリカリのベーコン、目玉焼き。そして肉厚でジューシーなパテ。
もうこんなん旨いに決まってますやん…。
実際めちゃくちゃ旨い…いままで食ったハンバーガーで一番うまいかもしれません。
ちなみに1位はこれ、2位はアムトラックのハンバーガー、3位はロサンゼルスのインアンドアウトです。

レストランのデザート

フレンチフライが相当な量で腹がパンパンなのですが、調子こいて頼んでしまったデザートもいただきます。
キャラメルソースとクリームを添えた焼きタルト。
ソースは激甘ですがタルト自体はしっとりしたお味で、トータルで大変バランス良く、ソースも残さず美味完食してしまいました。

オヘア空港の白い屋根

そんなわけでラウンジを堪能して、ファーストクラスで日本に戻ります。
そちらで和食をいただいたので、興味がある方は以下のレポートもご覧くださいね。
またいつかシカゴに戻りたいなあ~。

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で小さな写真とデザインの会社を経営しています。火鍋とポーカーと占いの研究が生きがい。最近、地方競馬の馬主資格を取りました。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、地元で大家さんもやってます。国際親善は美味いメシから!

Posted by あらいちゅー