ゴリラクリニック渋谷院でミラドライを受けてきた体験談

2019年5月20日

ミラドライを男性専門のクリニックで受けた体験談

俺はワキ汗がそこそこ出るため、アジア圏を旅行する際に大変面倒くさい思いをしています。化繊は着られないし、長袖もダメ。あとぴんぱんに拭かなきゃいけない!
そのため手術で止めてしまおうとずっと思っていたのですが、痛いのがとにかくイヤで、ずっと尻込みしていました。
しかし数年前に「ミラドライ」という、切らずにワキ汗/ワキガの根本的治療をする機械が開発され、そろそろ症例も貯まってきた頃だろうと思い、思い切って施術を受けてきました!

渋谷のゴリラクリニックさんで施術してもらうことにした

ミラドライをやっている美容整形のクリニックはたくさんあり、値段も25-35万程度と大差ありません。また、価格の安いところは別途診察料その他がかかったり、再度施術を受ける際の料金が高かったりして、平らにならすと結局30万前後、というのが相場のようでした。

じゃあどこでもいいか…と思ったのですが、基本的に美容整形は女性向けのサービスなので、大手の有名どころだと、男性に対する施術の経験が少ないのではないかと思いました。

当たり前ですが男と女では体の構造が違うので、麻酔の量やマイクロウェーブの照射量などのノウハウにも違いがあるだろうと想像したわけです。

ゴリラクリニックのホームページ

というわけで、自宅に近い新宿・渋谷で男性向けのクリニックを探していて出てきたのがゴリラクリニックさん。
ホームページも「男向けです!女性の方はご遠慮ください!」という感じのデザインで、ターゲットをとにかく絞り込んでいる感じがします。

予約はメールフォームに希望日を書いて送信、すぐに懇切丁寧な返事が帰ってきました。
新宿院は混みまくりで全然空いてないが渋谷院はすぐいける、という感じで、どちらでも構わないので渋谷院をお願いしました。

ミラドライとは…?

このページを読む人は、みなさんミラドライについてもうあれこれ調べていると思うのですが、簡単にいうとマイクロウェーブ(電子レンジから出ているやつ)をワキの下にある汗や脂肪が出る元栓のような部分に照射して、その部分を焼き切ってしまうという機械です。表面の皮膚部分を強烈に冷却しながらマイクロウェーブを照射するので、皮膚にはダメージがないけれど皮膚の下は焼けている、という状態になります。そのため傷が残らずダウンタイムも短いという、良くできた機械です。厚生労働省・米FDAの認可を持っており、安全性にもお墨付きがあります。今ではワキガ治療・脇汗治療のスタンダードになりつつあります。

いざ渋谷のゴリラクリニックへ

というわけで朝からワキにマイクロウェーブを当てるため、渋谷にGOです。
ゴリラクリニックさんは渋谷駅から徒歩5分ほどの静かな通りにあります。東京スクールオブミュージック専門学校の隣です。

ゴリラクリニックさんの看板

見た感じ閑静なオフィスビルで、大きな看板などが出ていないため、どこにあるのかと一瞬迷いました。
でもまあよく考えたら、大きな看板が出てると心理的にツライですね。これでいいと思います!

内装はメチャクチャきれいでスタッフさんも懇切丁寧

ドアをあけたら中に入って、まずスリッパに履き替えます。
内装は高級感があるというより、カジュアルきれいな感じです。
海外の高級ホテルでいうと、W香港やアロフト台北のようなイメージですね。

まず受付のお姉さんに問診票を書いて渡すのですが、ここでの応対が懇切丁寧でびっくりしました。
また医師・看護師・カウンセラーさんなど、接客部門のスタッフさんは黒の制服で統一しており、大変カッコよいです。
いわば高級ホテルのスパのような雰囲気で、こういう内装や制服にできるのは男性専門に振り切っているからでしょうね。

開店直後にもかかわらず、客入りはそこそこ多いのですが、待合室を広く取っているので窮屈な感じはありません。
またスタッフさんの作業もテキパキとしており、無料のドリンクを頂いている間にカウンセラーさんに呼ばれました。

まずはカウンセラーさんから料金の説明を受ける

医師との面談の前に、まずカウンセラーさんとの面談が入ります。えらい綺麗な女性のスタッフさんです。
ミラドライの原理、料金体系、安全性、支払い方法など、一通りのことをここで説明してもらえます。

料金は32万8000円+消費税で、薬代や追加麻酔代、再診料などは必要ない、ポッキリ制度とのことです。
説明は懇切丁寧で受け答えも柔らかく、大変よい接客だと思いました。
再診(ミラドライ施術の結果確認)の予約希望を伝えて、カウンセリングは終了です。

続いて医師との面談と臭気テスト

続いて若くてイケメンのお兄さんが入ってきます。誰かと思ったら、この人が医師の先生でした。
若いのですがこちらも受け答えが大変丁寧で、話しやすいです。医師の先生までこのクオリティの接客をするとは驚きで、企業努力が感じられます。

続いて臭気テストをします。
ワキの下にガーゼを挟んでしばらく置いて、それを先生にクンクン嗅いでいただくのですが「たしかにニオイはそれほどないですね。汗を止めるだけなら毎年ボトックス注射をする方法もありますが…」ということで、代替案も説明してもらえました。
とはいえ汗がひどく夏季にはニオイも気になるということで、ミラドライの適用範囲ということで診断がまとまりました。

診断が終わったらまずお会計

診断が終わったらまずはお会計。今回はカード一括で支払いましたが、分割払いも可能なようです。
蛇足ながらミラドライは医療費控除の対象になるそうなので(あとで税理士さんに確認します)、しっかり領収書をもらっておきます。

お会計が終わると、施術の準備ができるまで15分ほど待ちます。
無料のドリンクを1杯いただいて、スマホをポチポチいじったところで順番が来ました。

いよいよミラドライの施術へ

というわけで、いよいよミラドライの施術室へ入ります。
ワキ丸出しのタンクトップに着替え(自分で持参します)、看護師さんの指示に従って、バンザイをして寝転びます。
続いて医師の先生が登場し、まず笑気ガスの吸引からはじめます。

これがけっこうな酩酊効果があり(酔っ払ってるけど吐き気や動悸はない不思議な気分)、ワキへの麻酔注射の痛みをかなり緩和してくれました。
麻酔注射の痛みレベルは「痛いけどまあ全然我慢できる」というくらいです。
具体的には、笑気ガスでかなりいい気分なのですが、チクチク痛むのでギリギリ眠れはしないかな…といったところでしょうか。
笑気ガスありでもそこそこは痛みを感じるので、笑気ガスなしのクリニックで施術を受けていたら結構しんどかっただろうと思います。
ガスのありなしは追加料金なしで選べるようなので、特段事情がなければ必ず「あり」を選んでください!

というわけで、右わきへの麻酔注射が終わると、左わきへもすぐさま麻酔注射が始まります。
そして麻酔と同時に、右わきへのミラドライ照射が始まります。
麻酔は時間ともに効きが悪くなるので、急いで作業しているのでしょう。

ミラドライ照射自体はほぼ無痛で、これは施術中に寝られるくらいでした。
とはいえ「痛くないですかー」「もうあと2回です」みたいな感じで看護師さんとそこそこ会話があるので、熟睡することはできません。
寝ているのか起きているのかわからないうちに右脇は施術が終わっていました。
こんなに楽ならもっと早く受けておくんだった!!!

右ワキの施術が終わると、すぐ左ワキの施術がはじまるのですが、残念なことに最終盤で麻酔が切れてしまい、一度だけですが「あち!あちあちあち!」という感じで焼けるような感覚がありました。
看護師さんに「熱いです~」と告げると、麻酔が切れましたねということで医師の先生を呼んでもらい、再度麻酔。
以降はほぼ無痛で施術が終わりました。

ミラドライ施術後は再診の予約確定

施術後に痛み止めと冷却用のジェルパックをもらい、受付で次回の再診予約を確定させ、これで終了です。
病院滞在は2時間15分ほどでした。

ゴリラクリニックの予約カード

施設、応対、すべてもろもろ大変高水準なサービスで、嬉しくなってついブログを書いてしまったくらいです!
施設はホテル、応対は飛行機のビジネスクラスといった感じですね。
ミラドライの効きがいまいちな時は7割引で再施術できるらしいので、その際もまたゴリラクリニックさんにお願いしようと思いました。

そして超驚いたのですが、スタッフさん、看護士さん、医師すべてが相当なレベルの美男美女。どうやればこんなに若いイケメンの医師を集められるのでしょうか。マジわかりません。

みんなが気になるミラドライ施術後の経過について

というわけで、みなさんが気になっているであろうミラドライ施術後の経過です。
まず施術直後ですが、腫れなどは一切ないものの、麻酔注射のおかげでけっこうグロい感じになっています。ワキを猛烈にバリボリひっかいたらチョイ血が出た時に似てる、といった感じでしょうか。なお、痛みはまだほとんどありません。

ミラドライ術後30分

麻酔を足した左側だけゴロゴロしてきました。やや痛むものの、まだぜんぜん平気。これは麻酔の針のせいかなと思います。
びっくりしたことに汗、においとも、ほとんど出なくなっています。どちらも以前の10%くらいという感じです。

ミラドライ術後1時間

痛くはないけどゴロゴロする感じです。

ミラドライ術後5時間経過

ちょっと痛いかもしれませんが、痛み止めはまだ飲まなくていいかなというレベルです。
まったく汗が出てこないのでビックリ。以前の5%くらいになった感じです。

ミラドライ術後6時間経過

ワキがゴロゴロするなと思ったら、ものすごい腫れていました。両ワキともじわじわ痛むのですが、まだ薬はいらないですね。仕事も普通にできます。
でもこれから呑み会なので、念のためロキソニンを飲んでおきました。

ミラドライ術後10時間経過

ワキがびっくりするくらい腫れています。痛みはそれほどでもないのですが、寝付けなくなるといやなので、ロキソニンを飲んで就寝。

ミラドライ術後24時間経過

驚いたことにワキの腫れが半分くらいになっていました。見た目はまだ肌荒れ&腫れが強いのですが、触らなければ痛みはないため、普通に戻ったかなという感じです。
汗もニオイも全然出てこないため、大変快適。繰り返しになりますが、もっと早くやっておくんでした…。

ミラドライ翌日以降の経過

48時間経過の次点では、腫れはあるものの触っても痛みはなし。完全に平気、無感覚となりました。72時間時点で腫れは半分くらいに。ほぼ1週間経って腫れは1/3くらいに。ここから徐々にしぼんでいくものと思います。

1ヶ月後の再診もいってきた

そして1ヶ月経過し、仕上がり確認のための再診に行ってきました。汗は75%現象、臭いは95~98%減少、脇の傷みはほとんどなく、バンザイするとややひきつるくらい。色素沈着もなく、大変良い仕上がりでした。

汗だけもうちょっと減って欲しかったな~と思うのですが、以前と比べて手ぬぐいなしでも心配せず外出できるようになり(まあそれでも他で汗かくので持ってますが)、そもそもニオイがないので汗もそれほど気にならずで、術後の満足度は高いです!

…というわけで、このブログの読者さんに興味がある人がいるのかどうかわかりませんが、ミラドライをゴリラクリニックさんで受けてきた体験談でした。

自腹で行ったのに宣伝とかではないのですが、大変いい接客だったことを最後に繰り返しお伝えしておきます。あっ渋谷院の話なので他のところは知りませんよ!

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で小さな写真とデザインの会社を経営しています。火鍋とポーカーと占いの研究が生きがい。最近、地方競馬の馬主資格を取りました。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、地元で大家さんもやってます。国際親善は美味いメシから!

Posted by あらいちゅー