(NH)エコノミークラス ANA 飛行機の旅

伊丹空港の靴磨きはけっこういいぞ

2017年1月6日

伊丹空港で靴磨きをお願いする

みなさま、あけましておめでとうございます。

本年の初フライトは、実家のある大阪から羽田まで。

いつものようにバスで伊丹空港まで出て、上級会員向けのチェックインカウンターでチェックインをすませ、パパッと制限エリアに出て行きます。




制限エリア内に靴磨きがある!

フライトまで微妙に時間があるのでどうしよう…と思っていたら、ANAラウンジの近くに靴磨きサービスがあり、遠巻きに見ていると結構しっかり仕事をしているようなので、お願いすることにしました。

気になるお値段は500円、ブーツは割り増しになるようです。時間は五分程度かかります。

伊丹空港の靴磨きの手順

まず、軽く濡らした雑巾で全体の汚れを落とします。

そこからデリケートクリーム(か、無色の乳化性クリーム?)らしきもので下地を作り、続いて靴色に合わせて乳化性クリームを塗っていきます。

靴クリームは歯ブラシのような靴用ブラシで塗りつけていくのですが、クリームの取り方が面白い。ビンの中のクリームをブラシの歯でトントンと叩くようにして、とにかく軽くつけるんですね。

たしかに、この方法ならムラなく適量をつけることができます。プロの技です。なお靴クリーム類は全てコロンブス製でした。

靴用歯ブラシ(?)で靴クリームを塗り終えた後は、タワシのような中型の靴ブラシで靴クリームを広げていきます。

最後に、靴磨きファンならおなじみの、ストッキングで高速に拭きこんで仕上がりです。これで、自然なテカリが出るわけです。

伊丹空港、靴磨きの仕上がりはこちら!

というわけで、靴磨きの仕上がりはこちら!

いい感じに、目立ちすぎない程度のテロテロです。

自宅で靴を養生するのに近い磨き方なので、普段のケアとしても、500円ならお安いのではないでしょうか。

というわけで、本年もよろしくお願いいたします!

 

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-(NH)エコノミークラス, ANA, 飛行機の旅