カメラ・レンズ・写真 富士フイルム

【実写レビュー】X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WRの解像度に驚く!

2016年9月11日

24MPを使い切る解像感!XF16-55mmF2.8 R LM WR

富士フイルムとすったもんだの末にX-T2を購入しまして、街の風景をパチパチ撮ったり、ドラマ撮影の現場に潜り込んで4K動画を撮ったりしております。いいカメラですね、これ。

カメラの画質自体はX-Pro2と同じなので、今更実写レビューをしたところで新鮮味はないのですが、X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WRの組み合わせに喜んでしまったので、半ば自己満足的にではありますが、解像度の高さを実感できる原寸のファイルの置いておきます。

甘さを感じさせない広角端(ワイド端)

X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WRのワイド端

FUJIFILM X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR
ISO200 / 16mm(なぜかEXIFは17mm) / f5.6 ISO200 SS1/1400
Adobe RGB / Velvia

このレンズはF4-F5.6あたりで最高の解像感を魅せてくれます。デビュー当初から評価の高かったワイド端ですが、自動補正のおかげか光量落ちや歪曲などもほとんど気にならず、周辺の流れの少なさや解像も見事だと思います。




意外と悪くなかったテレ端(望遠端)

X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WRのテレ端

FUJIFILM X-T2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR
ISO200 / 55mm / f5.6 ISO200 SS1/1250
Adobe RGB / Velvia

逆にワイド端より「やや落ちる」と言われたテレ端です。中央部が見事なのは当然ですが、周辺部も一昔前の単焦点レンズと勝負できるくらい頑張っています。そして今気がつきましたが、フィルターに虫がとまっていたようですw

手ぶれ補正はないけれど…

全体的に見事な解像度のレンズで、ボケ味もきわめて美しいです。残念なのは手ぶれ補正がないことで、XF18-55 F2.8-4に慣れてしまっているせいか、24MPの解像度のせいか、いつもより甘い写真を量産してしまいました。

旅行用ならXF18-55 F2.8-4のほうがおすすめ

かなり重たく、かさばるレンズですし、お値段も約10万円とヘビー級。そこまで気合いを入れるのはちょっと…という方は、普通にXF18-55 F2.8-4を選ばれたほうがよいかなと思います。小生も、仕事ならXF16-55 F2.8を、海外旅行にはXF18-55 F2.8-4を持って行くかなあという感じです。要するに、重くても面倒でも最高の一枚をものしたい、ということであれば、迷わず買ってくださいということです。

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-カメラ・レンズ・写真, 富士フイルム