OneBooks(ワンブックス)と同人誌印刷所の価格を比較する

お友達にも教えてあげてください!

Screenshot_2014-11-26-15-39-31

安い早いと評判のOneBooks(ワンブックス)ですが、その価格競争力はどんなものかと、筆者がいつも使っているポプルスという同人誌印刷屋と比較してみました。

今回作ろうとしているのは、A5型、128ページの文章本を200部。

なのでポプルスのスタンダードセットと、OneBooks(ワンブックス)の(特殊紙などを使わない)ベーシックプランでの比較となります。

結果、ポプルスは1冊単価約380円、OneBooks(ワンブックス)では680円と大差がつきました。




OneBooks(ワンブックス)は料金(1冊単価)が印刷部数によらず一定、カラーモノクロ同一料金というのがウリなので、ぶっちゃけ『フルカラー本を少部数刷るならメッチャ安くなるが、一般的な同人誌なら専門の印刷屋に軍配があがる』ということでしょう。

料金面で大差ないスペックの本を刷られる人は、アフターサービス(見本や色校正出力のあるなし)や納期で選ばれるのが良いと思います。

高校生がカラーの同人誌を少部数で刷りたい、あまり印刷のこまかい指定にはこだわらない、というのであれば、OneBooks(ワンブックス)は最高にちょうどいいサービスかもしれませんね!

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で小さな写真とデザインの会社を経営しています。火鍋とポーカーと占いの研究が生きがい。最近、地方競馬の馬主資格を取りました。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、地元で大家さんもやってます。国際親善は美味いメシから!