横浜競馬場(根岸競馬場)の廃墟をうろつく

お友達にも教えてあげてください!

廃虚マニア垂涎の根岸競馬場へ

根岸森林公園の近くまで行く用事があったので、関東の廃虚マニアの憧れ、旧根岸競馬場(横浜競馬場と同意)の廃墟へ立ち寄ってみました。

根岸競馬場

廃止競馬場マニアのみなさんにもお馴染み、憧れのモーガン建築が眼前に広がります。

山手駅もしくは根岸駅から歩いて15分くらいでしょうか。根岸森林公園の離れみたいなところにあります。

根岸にあるヨーロッパ

見た感じ、ここだけ完全に欧米ですね。明治期の日本人が憧れたものが、戦争を経て、廃虚になって実現したような、不思議な感じを受けます。

根岸競馬場を前から

残念ながら競馬場の施設自体は立ち入り禁止になっており、コース部分も米軍の施設になっているため、脇に造成されたバスケットコートから眺めるしかありません。

横浜競馬場の廃虚

写真では大きく見えますが、はっきり言って小さいです。三条競馬場や帯広競馬場よりちょっと大きいかな~というくらいで(言いすぎ?)、現代ではせいぜい地方競馬レベルでしょう。

と思って調べてみたところ、かつては二等観覧席などもあり、収容人数は16000人を誇ったそうです。かなりの大きさですが、それでも中央競馬をやるのはしんどそうですね。

長らく廃止でなく休止競馬場という扱いだったのですが、米軍から周辺の土地や施設が返還されはじめた1969年の時点でも、ここで中央競馬を開催するのはしんどかったのではないでしょうか。

やはり競馬場としての命は戦争の時点で尽きていたのだと思います。

自然倒壊も!?劣化の激しすぎる施設

ズームレンズを持って行ったので、施設そのものをググッと寄って見ていきましょう。

横浜競馬場スタンド

もう、ボロボロです。廃墟というより残骸に近いという印象。

そしてご覧のように、屋根や階段その他が崩壊しているため、空中に突然ドアがあったりします。これが、なんとも不思議な感じですね。

そのドアもトタンで塞がれているのですが、管理が行き届いていないのか、侵入者があるのか、あちこちに穴が空いています。

根岸競馬場の廃虚 入口?

簡単に入れちゃいそうな場所もあるのですが、ちゃんとフェンスと監視カメラがありますので、皆様も変な気は起こされませんよう…。

根岸競馬場の穴

これだけ穴だらけなので、風雨で中はかなりの荒れようだと推測されます。外壁の装飾やコンクリートの劣化も激しそうですし、普通に危険なのではないでしょうか。

根岸競馬場の装飾

嬉しいことに、窓ガラス周辺の細かな装飾は健在でしたが、ガラスが抜けはじめているようで、部分部分はトタンで覆われていました。そのトタンすら抜けている窓も…。

根岸競馬場の配電盤

ここまでボロボロだと、横浜市としては、多額の金をかけて修復するより、正直自然に倒壊して欲しいのではないでしょうか。そんな気がします。

米軍住宅側から撮影できるか?

さてこの根岸競馬場の廃墟ですが、正面(コース側)は米軍住宅となっており、入ることができません。つまり、けっこうな文化財なのに後ろと斜めから眺めるしかないんですね。

公園ー米軍住宅ー競馬場スタンド、という感じで、正面から撮影しようと思うと、米軍住宅がかなり直球で邪魔なのです。

そこで公園と米軍住宅のフェンスギリギリを歩き回って、建物の隙間から競馬場の廃虚を見られる、撮影スポットがないか調べてみました。こんな感じになります!

横浜競馬場の廃墟を正面から

かなり微妙なので、あった!と言えるほどではないのですが、正面から在りし日の根岸競馬場(横浜競馬場)を思い起こすには、十分ではないでしょうか。

根岸競馬場の廃墟たち

撮影スポットは現場に行けばすぐ見つかりますが、草むらの中にある上に斜面になっているので、歩きやすい靴と軍手があったほうがよいと思います。

横浜競馬場のスタンド

距離もけっこうあるので、レンズは300mmから400mmは欲しいところです。この写真は300mm相当で撮影しています。

根岸競馬場(横浜競馬場)の廃墟へのアクセス

JR根岸線山手駅・根岸駅から徒歩15分。競馬場の廃墟自体は山手駅が最寄りだと思いますが、米軍住宅側から見るなら、根岸駅をおすめします。タクシーだと根岸駅からワンメーターです。

横浜競馬場・根岸競馬場の廃虚

※単なる公園ですので24時間入れますが、ライトアップなどはないため、夜間は何も見えないと思います。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。