セントレジス大阪のバトラー(執事)サービスを使い倒す

セントレジス大阪と言えば、バトラーサービス!

ひょんなことからセントレジス大阪に宿泊する機会があったので、噂のバトラーサービスがどんなものか、実地で体験してきました!

spgのなかでは嵐山のラグジュアリーコレクションと並ぶ、日本最高峰のホテルです(後述)。嫌が応にも期待が高まりますね!

ちなみに料金は春節ぶちあたりの週末ということで、一泊12万円からと鼻血がでるような価格でした。

今回はspg特典での宿泊なので、お金は払っていないのですが、この価格だと実費で泊まるのはキツいですね!

ホテル自体はかなり小さい

セントレジス大阪ですが、ホテル自体はかなり小さいです。

本町のオフィスビルの12階から上、という間借り型の立地で、ロビー・レストラン・バー・バンケットルームなどが2フロアに集約されているため、開放感はあまりありません。

しかしエレベーターから廊下にいたるまで、ありとあらゆるところにゆとりと、高級感があります。

小さなホテルで充実したサービスを受けたい、そんな人がターゲットなのでしょう!

安いお部屋でもバトラーサービスがつく

予約したのは一番安いお部屋なのですが、spgゴールドの特典で、フロアの階層だけ高いところになりました。

一番小さな部屋とはいえ43平米あり、洗面台はふたつ、ウォークインクローゼット、テレビつきの湯船があります。そしてなにより、24階なので眺めが抜群です!

この景色を見ながらゴロゴロできる。もうそれだけで昇天しそうですね。

レセプションからお部屋までは、バトラー(執事)さんが案内してくれます。

真心のこもったハイクオリティなサービスが売りのホテルなので、遠慮するのはかえって失礼。

素敵な笑顔のバトラーさんを信頼して、さっそくあれこれお願いしましょう!

お茶のサービスは至福&至高

バトラーサービスには色々とメニューがあるのですが、一番多くお願いするのは、なんといってもお茶のサービスでしょう。

コーヒー、紅茶、ハーブティーを、お願いすれば24時間いつでも部屋に持ってきてくれます。

ここで頼むべきは、やはりハーブティーでしょう。

ドイツの名門ティーメーカー、ロンネフェルトのペパーミントティーと、カモミールティーが用意されています。

これに蜂蜜(言えば持ってきてくれます。言わなくても大丈夫かも)を垂らして飲むと、自分がミツバチになったような、なんとも幸せな気持ちになれます。

お茶は数種類をいっぺんに、かつポットでオーダーすることもできます。

部屋にこもって読書を楽しむつもりだったので、ポットのハーブティーをタップリ2杯と、カフェラテをお願いしました。これだけあれば勝つる!

ルドールのパンも買える

セントレジス大阪の階下にある、ルドールという人気のパン屋さん。

大阪ではけっこうなステイタスのお店なのですが、ここのパンもバトラーさんにお願いして、買ってきてもらうことができます。

パンのメニューは部屋にはないので、ルドールのホームページを見ながら電話でバトラーさんにオーダーします。

びっくりしたことに、パンは割増料金やサービス料なしで、持ってきてもらえます。もちろん、部屋にチャージでつけてもらうこともできますよ!

5000円近くする朝食をレストランまで食べに行くより、ルドールのパンと入れたてのハーブティーのほうがいい、なんて思うのは私だけでしょうか?

衣類のプレスと靴磨きサービスも

地味に嬉しいのが、衣類のプレスと靴磨きサービス。

ウォークインクローゼットの脇にあるバトラーボックスに衣類を入れて、電話でオーダーすれば、すぐにプレスしてくれます。

深夜の対応でも大丈夫で、この日は23時に出したら、もう朝には仕上がっていました。

ちなみにプレスしてくれるのはズボンだけでなく、ジャケットもいけるようです。コートはプレスが難しいようで、素材によっては簡単なメンテナンスだけになるとのことでした!

荷物のパックもしてくれる

そして一番驚いたのが、荷物のパックサービスがあること。

スーツケースの中身を出してもらう、小さくパックしてもらうというサービスですが、長期滞在で荷物が多いなら、とても便利ですね。

小生は短期滞在なうえに、自分のものがどこにあるのか解らないのは背中がムズムズので、依頼はしませんでした。

使わないものは使わない、というのも、ゆとりだと思います。

セントレジス大阪は日本最高峰へ

素晴らしいことづくめのセントレジス大阪。こりゃあ日本一居心地のいいホテルかもな~と思っていたら、なんと2018年春からspgのカテゴリーが7に上がるそうで、文字通り日本最高峰になってしまいました。

カテゴリー7ということは、spgアメックスなどの特典では泊まれないということです。

高嶺の花のホテルになってしまいますが、この快適さは何者にも代え難いので、今度はフツーにお金を払って泊まりたいと思います。

とはいえ、さすがに12万円の日は無理ですねえ~。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で小さな写真とデザインの会社を経営しています。火鍋とポーカーと占いの研究が生きがい。最近、地方競馬の馬主資格を取りました。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、地元で大家さんもやってます。国際親善は美味いメシから!