西川口の「應心麻辣湯」(応心麻辣湯)でコク旨のマーラータンをいただく!

お友達にも教えてあげてください!

西川口でマーラータンなら、ここ!

寒い毎日が続きますが、こんな時に食べたくなるのは麺。それも中華の麺!

そんなわけで本日も西川口で、旨い麺料理めぐりをしてきました。今回ご紹介するのはこちら!

西川口の駅から歩いて3分ほどのところにある、「應心麻辣湯」(おうしんまーらーたん)というお店です。

★応は慶應の應ですね。面倒なので応心麻辣湯と検索しても通じると思います!

「應心麻辣湯」のマーラータンはハルピン風

マーラータンと言えば、赤いスープの四川風がメジャーですが、應心麻辣湯はハルピン風のマーラータンを出してくれるお店です。どんな味なのかは、のちほど。

店内に入ると冷蔵棚とザルがあります。これはマーラータン屋さんの全国共通フォーマットですね。

食べたい食材をザルに入れ、店員さんに渡すと、麺と一緒に湯通ししてくれるというシステムです。

このお店はコスパがすごく、ダシと麺(春雨か中華麺を選べます)の基本セットが280円。そこにトッピング1種類ごとに100円というバーゲンプライスで、6品入れても880円にしかなりません。やっすいなあ~!

いよいよ着丼!お味は…?

具材を渡して待つこと5分。いよいよマーラータンが着丼です。

ああああ、これ、もうわかります。旨いやつです。

春雨麺はやわらかめに仕上げてありますが、溶けるようなことはなく、モッチモチです。

店員さんいわく、スープはハルピン風ということで、牛・豚・鶏のスープをブレンドしたもの。四川風の澄んだマーラータン屋のスープと違い、コク旨という感じです。

そこにマーラーのタレがかけられているのですが、そのタレとスープの相性が滅法いいんです。

とにかく、後味がいい。スープを飲むと、旨味とコクのあとに、スーッとスパイスの香りが抜けていくのがわかると思います。

これは、やみつきになります。おそらくマーラーのタレがいい仕事をしています。なので、辛いのが苦手な人も、中辛以上でのオーダーをお勧めします。

コク旨なスープはどちらかと言うと日本のラーメンに近いので、中華麺とも相性が良さそうです。お好きなかたは試してみてください。

繊細なザムザムの泉、ワイルドな應心麻辣湯。西川口に楽しみな店が増えました。

火鍋もやってるって!

そして「應心麻辣湯」、なんと火鍋もやっているそうです。お値段を見ると、ダシが800円、具が100円均一、つけタレのチーマージャンが150円とぶっちぎりで安い。

これは再訪確実。西川口で麺と言えば、どうしてもザムザムの泉の話になりがちですが、まだまだ美味しい店はあるんです。足で探したいですね!

西川口「應心麻辣湯」アクセス

「應心麻辣湯」

〒332-0021 埼玉県川口市西川口1丁目4−17 大山ビル 1F

★JR京浜東北線・西川口西口徒歩3分

13時オープン、25時閉店とのこと。定休日その他不明、食べログには火曜日休みとありました。日本語はだいたい通じます。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で小さな写真とデザインの会社を経営しています。火鍋とポーカーと占いの研究が生きがい。最近、地方競馬の馬主資格を取りました。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、地元で大家さんもやってます。国際親善は美味いメシから!