カメラ・レンズ・写真 ニコン

【けっこう言われます】ニコンのカメラの黄色転びについて

2012年4月7日

ニコンのカメラの黄色転びについて

※これはAWBで撮ったフジ。とにかく絵を作ってくるこの姿勢、カメラ界の美富士食堂という感じです。

ニコン D800の黄色転びについて、もの凄いご意見を頂いておるというか、友人にも「おまえの写真黄色いやんけ」と突っ込まれたので一言だけ書いておくと、まず一連の対決シリーズに上がっている写真は全てレタッチなしの撮って出しです。
従ってカメラが「よっしゃこうするぞ」と思ってはき出した絵をそのまんまご覧頂いているわけですが、D800オーナーとして言わせて貰えば、やっぱ黄色に転んでると思いますよこれw




とはいえ。

S5Pro→X10と、グラマラスな色を出すフジ機を使い込んでいる小生的には、

  • 5D3とかCanon機→白っぽい
  • D800とかNikon機→白っぽいのに黄色が乗ってる

という感じですね。

「健康色」という範囲内だと思いますが、日本人好みの絵作りではない、とも思います。
そして「どうせいじるんだから気にせずRAWで撮れや!」とも思いますw

今回の一連のシリーズは(カメラが10台くらい集まった撮影会ということで、WBを全機キチンと取り切れる気がしなかったため)AWB縛りにしたわけですが、逆にカメラの素性が解ってよかったかな、という気もします。
次回はキチンとWBをとって、x-riteのカラーチェッカーを写しこんだ絵を撮ってみたいですね。

  • この記事を書いた人

田中(あらいちゅー)

世界中の変な場所で変なものを食べ続ける、あらいちゅーこと田中です。中華料理、飛行機、カジノ、サウナ、鉄道が大好きで、北朝鮮にいったり鉄道でアメリカ大陸を横断したりと、ちょっと変わった旅をしています。詳しい自己紹介は運営者情報からどうぞ。

-カメラ・レンズ・写真, ニコン