大井競馬場のダイヤモンドターンは料理もお酒もメニューが豊富で味もいい!

お友達にも教えてあげてください!

大井競馬場のダイアモンドターンに行ってきた!

たまたまチケットが取れたので、平日の夕方から大井競馬場の競馬観戦レストラン・ダイヤモンドターンに行ってきました٩(๑>∀<๑)۶

チケットの入手が結構大変で、4人席や6人席は直前でもそこそこ空席があるのですが、2人席は開催日の2週間前くらいには大体売り切れています。基本的に予約必須の店だと思ったほうがよいですね!

そんなわけで平日の5時頃に到着したのですが、席はもうほぼ満席(上の写真は日が暮れたあとのものです)。

パーティールームもどこかの会社の宴会が入っているようで、まだ日も暮れてないのに店内は盛り上がりまくっています。アメリカの高級カジノみたいな、リラックスしたノリのいい雰囲気ですね~。

フードメニューはどんな感じ?

競馬の前に、まずは軽く腹ごしらえといきましょう。ここはビュッフェ形式になっていて、フードもドリンクも食べ放題・飲み放題です。

アルコール類だけ別料金ですが、これまた飲み放題プランに変更することができます。

飲み放題は時間無制限で4000円、時間制限ありで2000円ですが、アルコールメニューは大体600円なので、無理せずスポットで注文してもよいかなと思いました。

肝心の料理のお味は…うまいやんけ!

ビュッフェのメニューはポテトや唐揚げといった居酒屋メニューのほか、クイーン・アリス監修というキチンとしたお料理がかなりの品数あります。

ムール貝と海老をたっぷり使ったクスクスなど、街中でもあまり見ないようなメニューがありましたよ。

味の水準はそのへんのホテルのバイキングよりは確実に上。

後はもう少し温かければ最高だな~という印象です。

野菜系のメニューが充実しているのも特筆ものでした。

また一時間に一度、シェフが作りたての料理を振る舞うライブキッチンという催しがあり、窯焼きのピザやローストビーフなどが振る舞われます。これがまたウマい。

なかでもローストビーフがかなりの人気で、肉もソースもいいお味。

ライブキッチンが始まると結構な人が店内に並ぶのですが、ピザなどは結構早めに品切れになるので並んだ方がいいですね。

ローストビーフは目玉メニューとして大量に用意されているので、別に並ばなくても食べられました。

そんなわけで、焦らずに馬券を買ってから、ゆっくりお料理を楽しんでくださいね。

デザートは超充実でスイーツ好きも大歓喜

ちなみにデザートが充実しているのもスイーツ男子的に嬉しいところです。ひとつひとつが小さいので、何種類も食べられるのがいいですね!

2018年4月からはスイーツがケーキを中心に増強されているようで、再訪が楽しみです。

ちなみに、スイーツは流石にここのキッチンで作られたものではないと思うのですが、味はけっこうなクオリティで、空港の国際線ファーストクラスラウンジで出るものとかなりいい勝負でした!

夜景を眺めながらの競馬は格別

食べ物の話ばかりですが、食事をしながら、夜景を眺めての競馬はこれまた格別。

フード、穴場(馬券の自販機)、座席が一カ所にまとまっているので、いつもの数倍落ち着いて予想をすることができます。おかげさまで、格段によい成績でした!

ほとんど文句はないのだけれど…。

そんなわけで、メシ派にも、馬券派にも、パーリーピーポーにも大満足なダイヤモンドターンですが、未成年が立ち入りできないのと(子供と行けない)、窓際の席は冷房が強すぎて上着がないとキツい、というのが玉に瑕でした。

あとはQRコード予約の場合、チケットの引き取りがダイヤモンドターンの店内で出来ず、一つ上のフロアでチケットを引き取ってから階段を降りてレストランに入る、という導線はかなりドッチラケです。

全体的にとてもいい施設なので、TCKさん、最後の最後の詰めをよろしくお願いします٩(๑>∀<๑)۶

※QRコード入場は廃止され、スマホ入場になるそうです。TCKさん偉い!

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で小さな写真とデザインの会社を経営しています。火鍋とポーカーと占いの研究が生きがい。最近、地方競馬の馬主資格を取りました。多文化共生の街・新大久保に住んで15年、地元で大家さんもやってます。国際親善は美味いメシから!