【2013欧州遠征】FUJIFILM X10を片手にフィレンツェを歩く

お友達にも教えてあげてください!

 普通の風景が絵になるフィレンツェ。もはやチートですよね – FUJIFILM X10


…というわけで、先に バーデンバーデンのカジノ堪能記 と フランクフルトのリモワ爆買い記 を書いてしまいましたが、ピッティ・ウォモで ホワイトマウンテニアリングのランウェーをUSTREAMで中継する というプロジェクトをお手伝いするため、新年早々からヨーロッパへお出かけしてきました。

イタリア・テレコムのおっちゃんと英語で格闘すること数時間、色々な裏技を駆使してw、無事に中継を成功させるお手伝いをすることができました。

…という真面目な話はさておき、今回もFUJIFILM X10を旅のお供として持ち歩いておりましたので、フィレンツェと、帰りにロケハンのために立ち寄ったドイツ・バーデンバーデンの写真をお届けします。

■大聖堂は兎に角細かい

 本当に適当な記録写真で、なんじゃこれはという感じなのですが、X10があんまりにもよく写るので、恥を忍んでアップ。
大聖堂内部では、感度をISO800くらいまで上げて撮影しました。明るいレンズと手ブレ補正のお陰で、ノイジー感はあるものの、見られるクオリティだと思います。

フィレンツェの大聖堂 – FUJIFILM X10

フィレンツェの大聖堂内部 – FUJIFILM X10

有名なあのお方。もちろんレプリカだそうです – FUJIFILM X10

■赤峰幸生先生と地元の名店へ

フィレンツェを散策、そしてボルサリーノやBOGGIでお買い物をしたあとは、ひょんなことから赤峰幸生先生や、日本のアパレルメーカーのみなさんと、夕食をご一緒することに。
初めは緊張しましたが、赤峰先生の気さくなトークと、美味しい料理、そして飲みやすいお酒で、最後はべろんべろんでした。

フィレンツェのレストラン – FUJIFILM X10

フィレンツェのレストラン – FUJIFILM X10

■なぜかフィレンツェでなぜか絶品のナポリ料理でなぜか日本人の店員さんで

翌日、ピッティの会場をぐるりと回ってから、PIZZA MANというナポリピッツアのお店へ。なぜか店員さんに日本人がおり、チーズについて懇切丁寧に教えていただきました。
調子に乗って、チーズを何種類も大量に注文。片っ端からとにかく美味。

とまあそんなわけで、じっくり写真を撮る暇もなく(笑)、飲んでくって笑って働いて、フィレンツェでの3日間はあっという間に終了。次の目的地、ドイツ・バーデンバーデンへと向かいます。

フランクフルト・マイン国際空港 – FUJIFILM X10

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。