ANA 伊丹-羽田(ITM-HND)プレミアムクラス【ヘルニア持ちの飛行機日記】

お友達にも教えてあげてください!

椎間板ヘルニアに優しい飛行機の座席は?

というわけで、突然ですが

腰椎椎間板ヘルニア

になってしまいました。しかし、仕事や遊びで飛行機には乗りまくらなくてはならない。なので、痛みをこらえて乗っています。

この搭乗経験を、同じくヘルニアで悩むヘルニアンの皆様のために役立てたい…ということで、ヘルニア持ちがナニナニ航空のナニナニ路線に乗ったら、ナニナニクラスのシートはこうだった、というレポートを書いていきます。


一発目はANAの国内線プレミアムクラス

まず一発目は、微妙に安いので微妙に乗ることがありそうな、ANAの伊丹-羽田(ITM-HND)プレミアムクラスから。

ANAプレミアムクラスの良いところは、空港で優先カウンターと、優先保安検査場が使えることですね。キャリーを引っ張ってグルグルとぐろを巻いたチェックインカウンター前を引き回されるのは、ヘルニアンにとって苦痛以外のなにものでもありません。

伊丹は2Fにチェックインカウンターと保安検査場があり、スルッと保安エリアに入ることが出来ます。

またANAラウンジも使えます。伊丹のANAラウンジには、ゲートへの近道になるエレベーターが用意されており、これはヘルニアン的にはポイント高いです。

機内の写真は撮っておりませんが、最前列の1Cに座ったと言うこともあり、足下は広々。

シートもリクライニングをかけず、奥深くに腰をかけるようにして、体と背もたれを密着させる座り方で座ります。これはヘルニアンが生き抜くために必要な知識ですので、必ず覚えてください。

ヘルニア患者ならプレミアムクラスに金を払う価値あり

結論として、スターフライヤーの羽田-関空エコノミーなどとは、数段疲労感が違いました。羽田伊丹便なら、安ければ6000円くらいでアップグレードできるはず。弁当もつくし、プレミアムポイントも余計に貰えるので、個人的には今後プレミアムクラス一択にしようかな、と思います。

とはいえ、スターアライアンスゴールドがあればラウンジなどは普通席のチケットでも使えるので、他社上級会員的には微妙っちゃ微妙ですが。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。