マニラのバクチ打ち専用ゲストハウス「シットアンドゴー マニラ」に行ってきた

お友達にも教えてあげてください!

ポーカープレイヤー専用のゲストハウスがマニラにできたぞ!

小生のポーカー仲間、tanakajiroさんとハジメさんがマニラにゲストハウス「シットアンドゴー マニラ」を開業しました。

基本的にはポーカープレイヤー専門で、COD(City of Dreams)の目の前という好立地。
これは、遊びにいかないわけにはいきません!

空港からのアクセスは猛烈によい

ニノイ・アキノ国際空港からマニラ市街へ出ようとすると、通常は反吐の出るような大渋滞に捕まるのですが、空港→COD間に高速道路(スカイウェイ)が整備されたので、「シットアンドゴー マニラ」へも、ものの10分ほどで到着することがてきます(到着するターミナルによって幾分差が出るとは思います)。

地図的には下道でもいいんじゃないの、と思ってしまうのですが、絶対にスカイウェイを使ってください。高速料金は40-50ペソくらいですが、下道で渋滞にはまると本当に1時間はかかってしまいます。

ここがゲストハウスの入るコンドミニアムの1階です。
奥の方に見えるのがCODです。ほんと、近いですね。

昼間なら、シットアンドゴーからCODへの移動は徒歩で楽勝、治安の面も問題はなさそうです。
深夜の徒歩移動はやや危険だとは思うのですが、二人一組とかなら大丈夫でしょう。

※実際にみんなどうしているのか田中さんに聞いたところ、夜間でも普通に徒歩で往来しているとのこと。

1Fにはフロントがあり、結構やる気のありそうな警備員がいるので、コンドミニアム内の治安も良好だと思います。

ただし、警備員に「怪しいヤツめ」と思われるとパスポートを預かられてしまい面倒なので、何食わぬ顔をしてフロントを通り過ぎましょう。

お部屋の中はこんなかんじ

ゲストハウスは「想像以上に広い」という印象です。

寝床はよくあるドミトリーの二段ベッドなのですが、リビングとキッチンが大きく、またテラスやプールもあるので、パーソナルスペースを除けば、むしろ普通のホテルよりもかなり広く感じると思います。

ポーカープレイヤー向けの宿らしく、ポーカーの専門書などが常備されているのが面白いですね。

調子が悪いときは、絶景のテラスでのんびりと復習するのもいいと思います。
滞在者の皆さんは、ここで思い思いにくつろぎながら、タバコやシーシャ(水タバコ)を吸っているようです。

ビールやソフトドリンクのサーバーもあり、貯金箱にお金を入れる方式で、いつでも飲むことができます。

キッチンにはインスタントラーメンなどの和食もあり、これもその場で買えるようです。
時折、家二郎の振る舞いがあったりするとか…!
マニラでラーメン二郎を堪能できるのは、ここだけではないでしょうか。

鍵付きの個人用ロッカーもあるので、お金やパスポートはここに預けておくのがいいかもしれません。

収容人数は10名、小生が訪問した日は余語葦織プロのポーカー講習会が開かれる日だったので、みんな早起きしてリビングに集まっていました。

滞在客から高額賞金の獲得者が!

この日の滞在者から、トーナメントで高額賞金(14000ドル)を獲得したプレイヤーが出てきて、数日はその話題でもちきり。

一泊PHP700(日本円で約1500円)くらいからとリーズナブルなので、ポーカーが好きで、ドミトリーに抵抗がなければ、楽しい滞在になるのではないかと思います!

滞在者の年齢は20-40歳くらいと若めですが、オーナーのハジメさんと田中さんは大変気さくなタイプの人なので、ポーカープレイヤーなら、すぐコミュニティに溶け込めるでしょう。

というわけで、予約その他はシットアンドゴーマニラの公式ホームページからどうぞ!

マニラで大金を手に入れたら、ぜひぜひ小生に鰻でも振る舞ってください。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。