バンコク・スワンナプーム国際空港の手荷物預かり所は超使えるぞ!

お友達にも教えてあげてください!

手荷物預かりを利用して、トランジットでタイ小旅行を!

バンコク・スワンナプーム国際空港は市街地からの近さが売り。
といってもそこまでは近くないのですが、空港鉄道が市街地のほぼ中心部・マカッサン駅に直結していたり、市街地までのタクシー代が安かったりで、やたらとアクセスがいいんですね。

なので、スワンナプーム国際空港のトランジットで6時間ほどあるのなら、市街地まで出ちゃいましょう!
…というケースがよくあると思うのですが、ここで問題になるのは手荷物預かり。

乗り継ぎ便のチェックインを先にして荷物を預けてしまうと、中の着替えなどが取り出せなかったりしますし、もしくは乗り継ぎ便のカウンター自体が開いてない…なんてこともあると思います。




スワンナプーム国際空港の手荷物預かり所

そこで役立つのが手荷物預かりサービス。
スワンナプーム国際空港では、2Fの到着ロビーと、4Fの出国ロビー、両方にあります。

料金は12時間100バーツ(350円くらい?)、超過すると追加料金を取られるようですが、短いトランジットの方なら、超過することはないですよね。




使い方は、荷物を出して、パスポートやらを見せて、引き替え用のタグをもらってと、特段他の国のクロークサービスと変わりありません。

場所については「LEFT LUGGAGE」と大きく書かれているので、探せば簡単に見つかります。スワンナプーム国際空港は案内標識が見づらいので、地図を見て探すよりも、搭乗口側の壁に沿って歩いてみるほうが楽だと思います。

トランジットでおすすめの行き先

トランジットでの小旅行なら、さすがにバンコク市街くらいしか回りようがないと思うのですが…。

  • MBK(マーブンクロン)やターミナル21、パンティップ・プラザ、プラチナムファッションモールででお買い物。
  • 上記ショッピングセンターのフードコートや、その近くの屋台でタイ料理を楽しむ。
  • サラデーン(もしくはシーロム)あたりに移動してタイマッサージ。

などなど、楽しみ方は色々とあります。

個人的には、バンコクのIT専門モール「パンティップ・プラザ」で怪しい携帯電話グッズなどを買った後に、同ビルにある激ウマのフードコート(おそらくタイのメジャーなモールで一番美味しいです)で早めの夕食かランチを楽しみ、その後はサラデーンに移動して、スリウォンプラザか有馬温泉で至福のタイマッサージ…というのがお気に入りの流れです。

バンコク市街から空港までは鉄道でスムースに戻れますので、渋滞その他を気にして楽しめない…といったこともないと思います。バンコク小旅行、手荷物預かりで楽々、楽しんでくださいね。

お友達にも教えてあげてください!

araichuuって誰?

araichuuって誰?

池袋でMBAを取得後、渋谷で覇気の無いIT企業を経営。好きな資本家は福澤桃介、夢はタイで立体駐車場を作ること。趣味は弱いけどポーカー。飛行機に飛び乗って、世界中のカジノで、一番レートの安いゲームを遊んでいます。カメラはFUJIFILM X-T2、X-T1、X20を愛用、たまにD800を持ち出します。